ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「高級鮮魚をお値打ちに」を謳う築地鮮魚店 上手な買い方は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 通称「築地場外」は、場と同じく早朝から食のプロたちが集まるが、年末は買い出しの一般客で大賑わいだ。効率的に買い物できるよう、築地王・小関敦之氏が太鼓判を押す食材店を紹介。高級料亭御用達の鮮魚を卸値で買えるのが「浅田水産」だ。

「高級鮮魚をお値打ちに」がモットーの鮮魚店。店頭には常時40~60種類の鮮魚が並ぶ。客の9割は高級料亭などのプロだが、一般客にも卸値で販売。買い物は品物が充実する午前中に訪れ、「今日は何がいい?」と聞くのがコツ。その日一押しの魚や家庭での調理法をアドバイスしてくれる。

■浅田水産
住所:築地4-7-5
営業時間:9時半~14時
休日:日・祝・休市日

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
築地王も推奨 甲殻類・貝類がピカイチの鮮魚店『三宅水産』
築地市場の魚卵専門店「田所食品」 おせち向けの品も勢揃い
築地グルメ 創業55年目を迎えたメニュー豊富な魚料理の店

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP