ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木京香が元カレ堤真一の主演舞台を観劇 「大人の友人」へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 舞台の幕が下り、笑顔を浮かべながら次々にロビーに出てくる観客たち。そのなかで隠しきれない“上品オーラ”でひときわ目を引いていたのが、鈴木京香(47才)。気づいた観客は、「あれっ? 京香さんってたしか主演の俳優さんと…」と目を丸くしたというが、すぐに彼女に気づいた舞台スタッフに案内され、楽屋へと消えていった。

 12月中旬のある夜、京香が見にきていたのは、世田谷パブリックシアターで上演されていた舞台『才原警部の終わらない明日』。空気が読めずにボケまくる“伝説”の警部・才原章一郎とそのチームメンバーが誘拐事件解決に挑むコメディーだが、主役の才原ほか最大8役に挑んでいたのが、堤真一(51才)だった。

 京香にとって堤といえば、一時は結婚目前とまで噂された元カレだ。女性セブンが1999年7月、京香の自宅マンションでの「合い鍵週末婚」を報じた後、すぐに半同棲生活に発展。一緒に買い物をしたり犬の散歩をしたりと、仲睦まじい姿がたびたび目撃されていたが、2001年10月に破局した。

「堤さんは松嶋菜々子さん(42才)と共演した『やまとなでしこ』(2000年、フジテレビ系)で人気が急上昇し、オファーが殺到。“恋愛より仕事”モードに入ってしまった。しかも京香さんより若い女優と噂になったりしたために、京香さんに三行半を突きつけられてしまったようです」(芸能関係者)

 しかし、2012年6月に朗読劇『宮沢賢治が伝えること』で共演し、11年ぶりに“再会”。ふたりの関係は元恋人から“大人の友人”へと変化し、この日の観劇となったわけだ。

「京香さんは白いタートルネックのニットを着て、眼鏡をかけ、髪はひとつに結んでいました。ひとりで見にいらっしゃってたようです。ドタバタ劇を、時に大笑いしながら楽しそうに見ていましたよ」(観客の1人)

 離別後しばらく京香への未練が断ち切れなかった堤も、2013年3月に結婚し、1児のパパに。一方、京香は2010年にドラマ『セカンドバージン』(NHK)で共演した長谷川博己(38才)との交際を継続中だ。

 つい先日もふたりがバーでグラスをかたむけ、ゆっくりと路上を歩く姿が見かけられたが、最近いよいよ結婚秒読み段階に入ったといわれる。元カレの舞台を楽しめる心境なのも、プライベートがうまくいっている証拠かも。

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鈴木京香 43回目の誕生パーティーで長谷川博己とデレデレ
鈴木京香と同居中の長谷川博己 現在も以前からの別宅を手放さず
鈴木京香が長谷川博己と初ツーショット 大きな決意あるか?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP