体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

低コストで大量の電力を生み出す!「羽のない風力発電機」が世界を変えるかもしれない…

151228-01

羽がない風力発電機が開発されている。画像を見るとわかるとおり「棒状」だ。この形にすることで得られるメリットは意外にも多い。

まず、必要な部品が少なく、設置面積も最小限。そのため建設費用が低コストで、多くの人に電力を供給可能だ。プロペラによって鳥を殺すこともなく、騒音だって少ない。つまりは、人・動物・環境に優しいというわけだ。

実際に稼働している動画を見てみよう。

85singo_84696d15ccf0f747e945f4c6b9366271

風を受け棒状の機材が揺れることで、柱にある関節部分が稼働し、電力を生み出す。開発したのはスペインの「Vortex Bladeless」社。「INDIEGOGO」でクラウドファンディングしたのは、多くの人に知ってもらうためだそう。まずは商用の試作機を作るための5万ドルの目標金額募っていたが、2015年7月30日に達成した。

建設・維持のコストが
めちゃくちゃ安い

性能については、以下の画像を見るとわかりやすい。

85singo_zozfcjvvebrqhvjrarqg

従来の風力発電機と比較して、メンテナンスコストは80%、運転コストは51%、建設コストは53%、とそれぞれ大幅に削減できる。

ギアや歯車などもなくパーツ交換が不要で、油をさす必要もない。信じられないが、寿命も最大96年とタフだ。強すぎる風に対しても、その衝撃を磁力によって和げられる。

幅をとらないため
大量に設置できる

85singo_hglwkciaamxr5ig6vu5m

ただし、エネルギーの生産効率は羽付きの風力発電に比べて30%程少ない。が、その分同じ面積に数多く設置できることで補えるだろう。重量が軽いため、設置の作業自体も大きな負担にはならない。

種類も豊富だ。高さ3mの試作機から、150mある400世帯の電力を賄えるものまで様々なプロトタイプを考案している。まずは、発電量100Wと4KWのものをそれぞれ一般家庭用に、また2018年までに1MWの電力を生む大型の発電機を製品化する予定だ。

小型サイズ
(高さ3m/発電量100W)

85singo_csh4riktpqirvrlfa0dz

ファミリーサイズ
(高さ13m/発電量4KW)

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy