ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森薫監修の『シャーリー』メイド服が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社コスパの「コスパティオ」ブランドより、森薫さん自らが監修した『シャーリー』の主人公、シャーリー・メディスンのメイド服が、2016年3月下旬に登場します。

【関連:刺繍は全て手仕事!約6年かかった『乙嫁語り』アミル衣装ついに完成】

『シャーリー』は、主人とメイドの心温まるイギリスでの暮らしを描いた漫画作品。主人公シャーリーのメイド服はこれまでコスパから発売されていましたが、今回は原作者監修のもと新たに生まれ変わっています。

設定にあわせてふんわりしたシルエットを再現するために、柔らかく垂れ感のある生地が使用されています。そのため、着用した時には小柄なシャーリーが着ているような、ゆとりある柔らかい見栄えが再現できるそうです。

価格は48000円(税別)で、サイズはレディースのS/ M/ L/ XL/ XXLと5種で展開。セット内容は、ヘッドドレス、エプロン、ワンピース、ペチコート、ドロワーズとなっています。



(c)2003 KAORU MORI

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP