ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人から子どもまでみんな大好き「ポテトチップス」・・・実は客のクレームから生まれた!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

薄くスライスしたジャガイモを揚げたパリパリのポテトチップス。この誰からも愛されるスナックが誕生したのは1853年、アメリカ・ニューヨーク州サラトガスプリングにあったムーン・レイク・ハウスホテルのレストラン。当時、そのホテルには後に全米鉄道旅客公社「アムトラック」の基礎を築いて「鉄道王」と呼ばれたコーネリアス・ヴァンダービルトという人が宿泊していました。ヴァンダービルトはレストランでフライドポテトを注文したところ、その厚さが気に入らずに作り直させることにしました。レストランのシェフ、ジョージ・クラムは注文通りに薄く切ったフライドポテトを作りましたが、ヴァンダービルトは納得せず、何度も作り直しをするハメに。すっかりウンザリしてしまったクラムは、わがままな客を困らせてやろうと意地になり、ジャガイモを紙のように薄く切ってフォークで刺せないほどカリカリに揚げました。ところが、それを食べたヴァンダービルトは大喜び。他の客も同じものを次々と注文し、やげてこの料理は「サラトガチップ」という名物料理になったのです。こうして誕生したポテトチップスはすぐに全米に広がりました。

日本には戦後になってから濱田音四郎氏という人物によってポテトチップスが伝えられました。濱田氏は戦前からハワイでポテトチップスの製造をしていましたが、終戦後に帰国してポテトチップスを製造・販売する「アメリカン・ポテトチップ」という会社を設立。当初、日本人はポテトチップスに見向きせず、濱田氏は米軍キャンプやビアホールを回って宣伝、営業を続けていきました。やがて口コミでポテトチップは評判になっていきましたが、濱田氏はポテトチップスの普及のために特許申請などはせず、逆に多くの人に製法を教えていきました。その結果、1960~1970年代にかけて多くの日本企業がポテトチップスの製造販売に参入し、ポテトチップスは大人から子供までに好かれるスナック菓子になったのです。

こうして濱田音四郎氏は「日本のポテトチップスの父」といわれるようになりました。彼が作った「フラ印(フラブランド)」のポテトチップスは、現在でも高級スーパーやデパートで販売されています。

おすすめのレシピ

色とりどりのポテトチップスのレシピ | 料理サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP