ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪に新「Zepp」建設へ、「Zepp Osaka Bayside」2017年2月に誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Zeppホールネットワークは、大阪市此花区桜島に、「Zepp Osaka Bayside」を建設することを決定した。これにより、大阪では2012年開業の「Zepp Namba (OSAKA)」に続く2館目の「Zepp」が2017年早春に誕生することになる。

「Zepp Osaka Bayside」の収容人員は2,800名超(スタンディング時)を予定しており、「Zepp Namba (OSAKA)」(スタンディング時2,513名)だけでなく、「Zepp Tokyo」(スタンディング時2,709名)をも上回る国内最大級の規模となる予定だ。

また、建設地は、安治川に面したウォーターフロントを予定しており、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンからも近く、日本を代表するエンタテインメントの発信基地として成長が期待できる立地環境となる。

「Zepp Osaka Bayside」概要
建設予定地: 大阪府大阪市此花区桜島1丁目 (JRゆめ咲線「桜島」駅)
敷地面積: 約3,800㎡
建築面積: 約2,300㎡
収容人員: 2,800名超
開業時期: 2017年2月予定

関連リンク

■Zeppライブエンタテインメントhttp://www.zepp.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP