体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットでは早くも「バレンタインデー」の話題 高円寺パル商店街も大看板を掲げる

ネットでは早くも「バレンタインデー」の話題 高円寺パル商店街も大看板を掲げる

ようやくクリスマスが終わったと思ったらお正月だが、ネットでは早くも来年2月14日のバレンタインデーの話題で盛り上がる人が散見される。ツイッターには「バレンタインが待ち遠しい!」「早くバレンタインデーにならんかなー」といった投稿が見られる。
12月25日にはローソンがグッズ付きチョコを発売

すでに街の看板をバレンタイン仕様にする街も。東京・JR高円寺駅前のパル商店街では、12月27日に新年の正月飾りを飛び越えて「Happy Valentine」の大看板を掲げた。

コンビニのローソンも12月25日に「バレンタインに憧れのあの人あの子からプレゼントを貰おう!」と題したリリースを掲載。「アイドルマスター SideM」や「ご注文はうさぎですか??」のキャラクターを使ったバレンタインギフトの発売を発表している。

これらはグッズ付きのチョコで、意中の人に送るのではなく、自分あてにゲームやアニメのキャラクターからチョコを送ってもらう企画らしい。

予約が始まった28日の朝には「仕事納めるぞ~ 帰りにローソンでバレンタインチラシ貰って来なきゃ」「バレンタインギフト申し込みしてきたぞ」「バレンタイン楽しみ」といったツイートが急増していた。

あわせてよみたい:革命的非モテ同盟が「バレンタインデー粉砕」デモ実施
 

キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。