ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紅白初出場の山内惠介 口げんかしていた母から「良かったね」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「女性セブンさんを通じて、今まで出会ったことがないかたがたとの“ご縁”をたくさんいただいた1年でした。そしてそのご縁が“つながり”になってきていることを強く感じていますね」

 女性セブンがかねてから応援してきた“演歌界の貴公子”惠ちゃんこと山内惠介(32才)。そんな彼が、ついに紅白初出場。本番を直前に控えた彼の表情は、おどろくほど穏やかで精悍だった。

「はじめは正直、現実として受け止められなかったです。でも、いざ決まってみると、余韻になんか浸っていられない。もっと上を目指さないと…。自分に期待できないアーティストにまわりは期待してくれないですから」

 自分以上に自分を信じてくれる存在の親には電話で報告をした。

「実は電話をする2週間くらい前に、些細なことで母親と口げんかしていたんですよ(笑い)。でも、第一声が“よかったね”で。ぼく、言葉にならなかったですね…。上京して16年経ちますけど、ちゃんと伝わっているんだなあって。“ありがとう”と言うのが精一杯でした。ぼくにとって紅白はオリンピック。本番で最高のパフォーマンスをお届けします」

<Profile>
山内惠介 (やまうち・けいすけ)
1983年5月31日生まれ。福岡県糸島郡前原町(現・糸島市)出身。作曲家・水森英夫氏にスカウトされ、17才でデビュー。15周年記念シングル『スポットライト』がスマッシュヒットし、水谷千重子とのデュエット曲『恋のハナシをしましょうね』でも話題を呼ぶ。デビュー15周年記念リサイタルDVDが発売中。

※女性セブン2015年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お風呂にはいる時間調査 10分以下は4%、61分以上は7%
東京・築地 3種のまぐろと銀だらをセットにした魚づくし福袋
4階の自宅から転落した三宅雪子議員 夫の助言で6キロやせる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。