ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気ファミリードラマのリブート版新シリーズ『フラーハウス』、テーマソングに歌手のカーリー・レイ・ジェプセンを指名

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Netflix(ネットフリックス)で放映される、『フルハウス』のリブート版となる新シリーズ『フラーハウス』は、出演俳優とセット以外でも懐かしさを感じさせてくれるだろう。

歌手のカーリー・レイ・ジェプセンは、ツイッターを通じて、新しいバージョンの『エヴリウェア・ユー・ルック』のレコーディングでプロデューサーのブッチ・ウォーカーとパートナーを組んだことをアナウンスした。米テレビ局ABCの人気ファミリードラマシリーズ『フルハウス』で使用されたこの曲は、ジェシー・フレデリックとベネット・サルヴェイによる作曲で、キャッチーでハッピーな気持ちにさせてくれるテーマソングである。

Netflixは、ジェプセンのコメントをリツイートすることでこの発表を裏付けた。



ジェプセンは、2016年2月26日(現地時間)のNetflixでの『フラーハウス』の放送開始まで、この曲は非公開とすると付け加えた。Netflixは、12月中旬に、ミランダ・ランバートの『ザ・ハウス・ザット・ビルド・ミー』を使用した同番組の初となる短編予告映像を公開した(現在は予告編のほとんどを視聴することができる)。

ジェプセンは最近、復刻版の作品での出演が続いている。ジェプソンは、米テレビ局FOXで放送予定のブロードウェイ・ミュージカル『Grease: Live(原題)』のフレンチー役でも出演予定だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP