体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人生は壮大な実験だ。本田直之が提案する「新しい生き方」とは

naoyuki_honda-151227-01 qreators

QREATOR AGENT/クリエイターエージェント

クリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア

1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ旅しながら仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る、本田直之氏。 
テクノロジーの進化や、より精神的な豊かさを求める時代になってきた今、これからのライフスタイルの可能性について伺った。

naoyuki_honda

自分らしく生きるために
ライフスタイルのオプションを持つ

———— 昨今の本田直之さんといえばライフスタイルの提案をされているイメージが強いのですが、そのきっかけはあったのでしょうか?

本田 きっかけはない。今までやってきたことではなくて、今自分がやっていることや感じていることを発信しているだけ。
それは、まだ日本人が気付いていないことだったりするからね。

僕の場合、90年代、経営者になるまでの間にやってきたことは「レバレッジシーズ」として10冊程出版してきた。
2004年以降にハワイと日本に住むデュアルライフという生活の準備をはじめてからは、「新しい働き方」「脱東京」「TraveLife」などを出版して、より僕の今を発信している。

具体的には、みんな色んなことができるのに気付いていないし、チャンスを活かせてないし、もったいないってこと。生き方のオプションっていうか。
ライフスタイルって人それぞれ色んなことがあって、どれが正解とかはないんだけど、ライフスタイルのオプションをたくさん持っていないとやっぱり選べないんだよね。

それを知ってもらうために、まずは本という形で書いて、それと今の自分が実際にやっていることがメディアで特集されたりして広まってきている感じかな。

————本田さんご自身は生き方のロールモデルになっている人はいましたか?

本田 それはいないね。よく言われるんだけど、やっぱり人ってみんな違う。もちろん、色んな部分を参考にすることはあるよ。でも、「あの人に憧れる」とか、本来間違っていると思う。

「あっ、あの人がやっていることなら自分でもできるな」と思うのは大事。
でも、「この人に憧れます」とはっきり言っている人は、絶対そこに行けないからね。

例えば、僕がハワイに移住したのも、サーフィンができるし、気候が過ごしやすい場所で生きていきたいってのもあるし、なによりもハワイに住んでることが好きなんだよね。誰かのまねをしたいわけではない。

————自分らしく生きたくても、実現できていない方は多くいます。本田さんと何が違うのでしょうか?

本田 やらないだけだと思う。人間には2種類あって、矢沢永吉さんが言っていたけど、「やる奴はやるし、やらない奴はやらない」。
その代わり、やると決めたんだったら、それなりのリスクも当然あるし、覚悟も必要だし、準備も必要だし、スキルも必要だってことを忘れてはいけない。
よくありがちなんだけど、何もなくてやるのは、それは結果だけを見てる。みんな準備とかしてきたわけだし、それなりのリスクとかも当然あるわけだからさ、それを持っていないとだめだよね。

あとは、テクノロジーを使いこなせばできるのに、何でやらないのと思うけど、知らない人が多すぎるんだよね。
こんなに便利で色んなことができるのに、「えっ、そんな使い方してたの?」っていう人が多い。世の中の9割ぐらいの人がそうだと思う。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。