ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【楽チン】食材を乗せるだけで、重さが計れる「まな板」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まな板の上で切った具材を、包丁の腹でサッ。っと右手に寄せれば重さが計測できちゃいます。たったこれだけですが、便利ですよね。

このコンセプト・デザインが話題になったのは2006年のこと。ですが、その人気が衰えることはなく「どこで買えるんだ!?」との質問が絶えませんでした。

まな板の上で計量できる!


designboom」で紹介された際に埋め込まれると言われていた技術は以下の3つ。

①「ひずみゲージ」

②「Electric Ink」

③「光電池」

①は、物体(まな板)に起きたひずみ(変化)を数値化して重さを計れます。

②は、別名電子ペーパーと呼ばれる薄型電光掲示板。重さを表示できます。

③は、感知した光を即時電力に変換し出力できます。電池がいりません。

つまり、明かりがある場所ならいつでも使えるということ。スイッチのオンオフさえ必要なく、円の中でだけ重さが計れます。ちょっとした機能ですが、実現すればなにかと便利そうですよね。

ついに製品化!…かも

2013年、もう記事が出まわってからずいぶんたっていましたが、問い合わせは一向にやまず。コンセプトをデザインしたJim TerMeer氏本人も「これだけ人気なのになんでまだ市場に出回っていないのかさっぱりわからん」と不思議で仕方なかったそうです。

そして、2015年も終わりを迎えようとしている今。どうやら重い腰をあげたのか「最近、製品化の話をし始めたところなんだよね」と話してくれました。まだ具体的な計画には至っていないようですが、購入できる日も近いかもしれません。気になった人は彼のホームページをチェックしておくといいかも。詳しいことが分かり次第教えてくれるそうなので、期待して待ちましょう♪

Licensed material used with permission by Jim TerMeer

関連記事リンク(外部サイト)

炊飯器でつくる「焼かない焼き芋」が激ウマらしい・・・(動画あり)
炊飯器に「キャベツ」をまるごと入れた結果・・・大変身
【これは便利!】コロコロ転がすだけで切れる「包丁」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP