ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キツネ100匹放し飼い!「宮城蔵王キツネ村」で癒されたい・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?

大自然の中に放し飼いにされているのは、おなじみのキタキツネはもちろん、銀ギツネや青ギツネ、プラチナギツネなどを含む計6種類。なかなか見る機会のない彼らですが、改めて顔を眺めるとその可愛さに癒されちゃう!

抱っこもOK!
キツネと触れ合える“穴場”

キツネは夜行性の動物なので、昼間は基本的に眠たそう…。でも、その表情がかえってキュートなんです♪

一度こちらに顔を向けるけれど、エサを持っていないと悟るとそっぽを向くのだとか(笑)。そんなマイペースさも◎

もふもふ、ふわふわ!やっぱり雪が似合います。

それにしても、こんなに間近で眺めるチャンスってなかなかないですよね。しかも、園内では抱っこだって可能!「後ろからついてくる」「衣服を引っ張る」といった知られざる生体だって観察できる模様です。

他にもウサギやヤギ、フェレットなどの動物と触れ合える、宮城蔵王キツネ村。年中無休で営業中のようなので、冬休みに近くに行く人はぜひ立ち寄ってみては?

【概要】
宮城蔵王キツネ村
・住所:宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
・営業時間:9:00〜17:00 ※2016年3月20日までは16:00閉園。年中無休
・入場料金:中学生以上1,000円、小学生以下無料

Licensed material used with permission by ryoflat1983koishidawhitebluecat

関連記事リンク(外部サイト)

蜷川実花がデザインした「新幹線」。移動時間が最高に楽しくなりそう!
もみじは約3,000本!京都・永観堂の「紅葉ライトアップ」が幻想的すぎる・・・
ついに今週末!グランピング体験イベント「GENERALPROBE 」が開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP