体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水深20mでも歩ける!?海の遊牧民族「バジャウ族」の暮らしが凄い・・・

生活・趣味

フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸に上がると“陸酔い”を起こしてしまうのだとか。

潜水用具などを一切身につけずに水深20mまで潜り、5分も息継ぎなしで狩りをする能力があるそうですが、その様子を実際に撮影した「BBC」の動画には驚きます。

まるで半魚人!?
海の中を歩いてます。

凄いのは大人だけではありません。生まれてからずっと海で育つこともあり、子どもたちの知恵にも驚かされます。

以下の動画では、転覆して水でいっぱいになってしまった船から見事な方法で"排水"する少女の姿が捉えられています。たったひとり、しかもほんの数秒しかかかりません。

そんな彼らの生活の様子をフィルムメーカーであり、フォトジャーナリストでもあるジェームス・モーガン氏が紹介しています。彼のホームページに掲載されている写真や情報を一部紹介します。

海の遊牧民
「バジャウ族」の暮らし

水深20mでも歩ける!?海の遊牧民族「バジャウ族」の暮らしが凄い・・・ 水深20mでも歩ける!?海の遊牧民族「バジャウ族」の暮らしが凄い・・・

浅瀬に立ち並ぶ高床式の住居。

水深20mでも歩ける!?海の遊牧民族「バジャウ族」の暮らしが凄い・・・

建物の中にはモスクがあります。彼らの信仰には、ムスリム教に加えてアニミズム(生物や物、自然などに霊が宿っているというような考え)が混じっているそう。

水深20mでも歩ける!?海の遊牧民族「バジャウ族」の暮らしが凄い・・・

小舟で移動しながら、魚やナマコ、貝類などを取って生活しています。採れた魚を売っては、米や水を買いに行くようです。

水深20mでも歩ける!?海の遊牧民族「バジャウ族」の暮らしが凄い・・・
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会