ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人のやり直し英語 東京五輪の“おもてなし”として注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「緊迫した世界情勢を理解するために歴史を学び直したい」「子供から聞かれた科学についての質問に自分でも納得のいく返答をしたい」…など、大人になってから改めて“学び”の必要性に気づくことは意外と多いものだ。

 最近では、教育系ベンチャー「塾のナガシマ」(神奈川県)が小・中学生向け講座とは別にあらたに大人向けの学習塾プログラムを開講したり、パソコン教室を運営している「パソカレッジ」(東京都)が高田馬場校内に「大人のための算数・数学教室」を併設したりと、大人たちの「学問をやり直したい」という思いに具体的に応える動きが広がっている。

 そもそもなぜ大人は学び直したいという思いに駆られるのだろうか。大人力コラムニストの石原壮一郎さんは語る。

「大人なら皆多かれ少なかれ、“あのときもっとああしていればよかった”という思いを持っているものです。たとえば学生時代に好きだったけれど結局恋が実らなかった相手に同窓会などで再会すると異様に燃えて、昔では考えられないほど大胆にアタックする人がいたりします。学問もそれと一緒で、もっと勉強しておけばよかったというある種の後悔が学びへの強いモチベーションを生み出すのでしょう。そして年を経てめぐり合ったそれは、きっと新鮮な発見に満ちて学んでいて非常に楽しいのだと思います」

 さらに、「もっと勉強しておけばよかった」という過去形のモチベーションのみならず、「これからのためにもっと勉強したい」という未来系のモチベーションでの学習意欲が高まっているのが英語だ。2020年東京オリンピック・パラリンピックを背景に、ホスト国として世界中から集うゲストを迎えるためにも英語の習熟を深めようとする動きが強まっている。

 東京都は2015年度より「外国人おもてなし語学ボランティア育成講座」を本格始動させた。同講座は、街中で困っている外国人を見かけた際に、簡単な外国語で積極的に声をかけ、道案内などの手助けをするボランティアを目的とするもの。担当者によると、2016年1月の新宿での開催については定員の約35倍の募集が集まり、とくに50代以上の応募が目立ったという。

 英会話講師を務めるほか、『新・英語で日記を書いてみる』(学研)などの著書で知られる英語学習スタイリストの石原真弓さんは語る。

「歳を重ねるほどにビジネスの場などでの使用以外にも、シンプルに“コミュニケーション”としての英語に対する意欲が増す印象があります。オリンピックが近づくにつれて外国人に話しかけられても少しくらいは英語でやりとりできるようにしておきたいなど、学んだことを実践的に使ってみたいという気持ちも全体として芽生えてきているようです」

 石原さんの受講生には、50代で英会話の勉強を始めて外国に留学をしたり60代で英検を受験したりと、大人になってから本格的に英語学習をやり直した人が複数いて受講生全体の士気を高める存在になっているという。そうして全体の英語レベルが高まっているなか、むしろ気になるのは受講者たちの英語を話す際の「発声」と「表情」であると指摘する。

「『週末は何をして過ごしたの?』という問いかけに対して、出来事を述べた後で、たとえば『I very enjoyed.』と言う人がいます。ただ、enjoyは他動詞なので本来は後ろに目的語がこないといけません。また、veryは動詞を修飾しないため、正しくは、『I enjoyed it very much.』のように表現します。こうした文法的な間違いはさておき、そう答える声がとにかく小さいのです。さらに、『楽しかった』ということを伝えたいはずなのにその表情からは楽しさがまったく伝わってきません」(石原真弓さん・以下「」内は同)

 日本人が英語を喋るときに明瞭な発声ができないことがある背景には、日本語と英語を話すときの口内の筋肉の使い方が元来異なることも一つの理由だ。しかし石原さんによると、日本人は正確な英語を話そうと思うあまり萎縮した結果、せっかく習得した英語力が十分に発揮できていない部分があるというのだ。

「英語は“ツール”にすぎません。何よりもまずはっきりと元気よく話すこと。基本的な単語をおさえてしっかり伝えられたら、多少文法が正確ではなくてもコミュニケーションできたりするんです。また、文法については初めからすべて完璧に習得しようとするのではなく、まずは英会話における“肝の論点”をおさえることが大事です」

 英語を学び直したい大人向けの書籍としては、「やり直し」「中学英語で~」などといったキーワードがタイトルにあがることが多く、基礎的な英語力を鍛え直すことに重点がおかれる傾向にある。中でも石原さんが推薦するのが、『プログレッシブ 大人のための英語学習辞典』(小学館)という、中学生向けの英和・和英辞典をベースに、見出し語や例文を大人向けに一部変更した“辞書”を使用する学習法だ。

「中学生レベルの基礎的な語彙を網羅できるのも利点ですが、コラムのコーナーに私が日頃生徒の皆さんからよく聞かれるような質問が非常によくまとめられています。たとえば、日本語では『頑張れ』という言葉は様々な場面で使われますが、英語にはこのように万能の言葉はありません。

 スポーツなどの応援の際の『頑張れ』は、Come on!(しっかり!、どうしたんだ!)だったり、You can do it!(君ならできる!)と言ったりします。あるいは、試験などを受ける人への『頑張れ』はTake it easy!(気楽にやれ!)やDo your best!(ベストを尽くせ!)などとシチュエーションによってまったく異なるのです」

 日本では「頑張れ」と励ますような意味合いで「ファイト」と呼びかけたりすることがあるが、英語での「Fight」は「戦う」という意味で、この場合は「Go! Go!」と表現するのが正しい。オリンピックで競技に出場する選手に「頑張れ!」と声援をかけたつもりでも「戦え!」とトンチンカンな言葉を伝えていた…なんて事態を避けるためには、辞書で語法についても正しく理解する必要がある。

「ある程度の基本的な語彙が身についたら、次はこのような語法にも目を向けてみましょう。それから、先ほどお話したような自動詞と他動詞の区別も意識的に学んでいくようにするなど、辞書を使えばそれぞれのレベルに応じて段階的に英語力を高めていくことができます」

 来る東京五輪において、日本人の英語が“おもてなし”として機能するかどうかの決め手。それは、「元気に明るく話す」「基礎をかためる」といった、基本に立ち返るということになるのかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「つまらないもの…」等日本特有言い回しの英語表現満載の書
日本の英語教師TOIEC平均560点 教えるのでなく教わるレベル
大衆食堂の店主 英語聞き流し教材の効果感じず英字新聞読む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP