ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【日本株週間見通し】3日間で掉尾の一振を意識した動きも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の12月21日~12月25日の動きを振り返りつつ、12月28日~12月30日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は下落。日本は23日に天皇誕生日の祝日を挟んでいたほか、海外市場については、クリスマスの祝日で休場となる市場が多く、参加者不在の中、方向感に欠ける相場展開となった。原油相場の上昇を受けて米国市場ではNYダウが3日続伸となるも、東京市場は買いが続かずに利益確定に押される状況だった。前週末の日銀の金融政策決定会合での、“金融政策維持も補完措置を新たに導入”決定を受けた乱高下によって、センチメントは悪化した状況。結局、日経平均は8月18日~25日までの6営業日連続に次ぐ、5営業日連続安となった。

 2015年相場も残すところあと28日、29日、30日の3日間となる。足元で利益確定の流れが強まったことで値ごろ感も出てきており、実質2016年相場入りとなるため、新春相場を意識したテーマ株など、やや中長期スタンスでの物色が期待されるところである。また、短期的な売買とはいえ、ディーラー等もフットワークが軽くなるため、需給妙味の大きい銘柄等へは、値幅取り狙いの資金が集中しやすいだろう。

 需給イベントとしては、29日にTOPIXリバランスが大引けで行われるため、日本郵政<6178>などの動向が注目されるところ。また、日水<1332>が証券各社の強気見通し等を受けて急騰していたが、引き続き短期筋の資金を誘い込みそうだ。また、2016年のテーマとしては、年前半にも自動運転技術ベンチャーのZMPの上場が期待されている。自動運転関連として、アートスパーク<3663>はここに来て上昇ピッチが強まり、最高値を更新している。その他、フィンテックなど期待されるテーマは多く、掉尾の一振を意識した相場展開も期待されそうだ。

 また、年明け以降は、1月4日から通常国会が召集されるほか、米国では週末に雇用統計の発表が予定されている。利上げ実施後は落ち着いた動きが続いているが、雇用統計が強い内容となれば、米国経済により自信を持つことになりそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本が直面する人口減少、人手不足でロボット関連銘柄に注目
バイオ、IT、マイナンバー他 株式市場の息の長いテーマに注目
好決算のIT関連銘柄 日経平均の動きに左右されにくい側面も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP