ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【期間限定】こだわりの横浜産!地産地消ビュッフェに行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「地産地消」という言葉、最近よく耳にしますよね。皆さんは、この言葉を聞いてどこを思い浮かべますか? 東北や九州など農産物豊かな田舎を想像する人も多いはず。

今回はなんと、神奈川県・横浜産の食材をふんだんに使ったビュッフェがみなとみらいにあると聞き、思わず行ってしまいました。彩り食材の豊富さ、シェフの情熱が想像以上だったのでご紹介したいと思います。

シェフが自らが企画、こだわりの「地産地消」ビュッフェ

それがこちら、横浜ベイホテル東急内のレストラン「カフェ・トスカ」。「ナイトキッチンスタジアム こだわり食材 神奈川・横浜~地産地消~」と題して、県内の新鮮な食材を使用したディナービュッフェを期間限定で開催中です。

こちらのイベント、横浜出身のシェフ自ら企画したもの。全国各地をテーマに年に1回開催し、今年で7年目だそうです。今回は地元横浜という事で、シェフも気合いが入ります。

シェフのおすすめメニューは、野菜料理。一つ目は、近郊で採れた豊富な野菜を使用したバーニャカウダー。

見たことのないような彩り豊かな野菜が並びます。白いキャンバスに色を加えていくように、選ぶだけでもワクワクしてしまいます。

そして二つ目が、こちらの野菜しゃぶしゃぶです。ブイヨンも野菜仕立てというこだわりぶりで、琥珀色に透きとおった、見た目にもヘルシーなだし汁につけます。どれを選ぶか迷ってしまいますね。

おすすめ料理が野菜、というのは少し意外かもしれませんが、それもそのはず、なんとシェフ自ら農家を訪れ、食材を仕入れているんです。しかも驚いたことに、メニューを考えるのはその後。一番“旬な食材”を生産者の方に提案してもらい、素材に合った調理方法・メニューをシェフが考案しています。

もちろん、野菜だけではありません。こちらが神奈川県産の牛肉を使用した、人気メニューの「牛鍋」。目の前で調理してくれるのが嬉しいですね。

特別な調理法で作られたゆで卵は、お鍋の中に入ったままにもかかわらず中はとろとろの半熟。牛肉との組み合わせがたまりません。

そして、こちらがリゾット。イタリアチーズの王様と言われる、パルミジャーノ・レッジャーノの上で豪華に仕上げてくれます。

ブイヨンと和えた後は、海苔とトマトフォンデュをかけて出来上がり。女性が喜びそうなメニューばかりです。

生産者のことを想い浮かべるきっかけに

トスカの地産地消を通して、「地域にこんな食材があったんだ!」というような発見があれば良い、こう語るのはトスカのシェフ、小川さん。

今回の食材探しの過程で、農家や畜産課に出向いたり、深夜2時に漁船に乗り漁師さんに同行した事で、シェフ自身も地域の新たな魅力を発見したそうです。

「スーパーで食材を買う度に、生産者のことを想い浮かべてくれたら嬉しい」と、情熱的に語ってくれました。

来年1月には「まるごと神奈川」を開催予定。今回は野菜メインの紹介でしたが、このイベントでは、生粋かながわ牛や、県内唯一の放牧・相州牛など神奈川ブランドのお肉が大集結。

生産者を招いたトークイベントも行われるそうです。肉派、野菜派問わず、地域の食材を楽しめること間違いなし。生産者の方々の想いを聴きながら、食材や地域の歴史に想いを馳せたら、料理がもっと美味しくなりそうですね。

みなとみらいの夜景を眺めながら、五感で味わえるディナー。普段あまり意識しない、“地域への愛着・感謝の気持ち”を改めて気付かせてくれる、そんな素敵なレストランでした。

■ナイトキッチンスタジアム こだわり食材 神奈川・横浜~地産地消~
開催期間:2015年11月24日(火)~2016年1月17日(日) ※2015年12月23~25日を除く
時間:17:30~22:00 (ラストオーダー21:30)
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7 横浜ベイホテル東急 カフェ トスカ

■地産地消イベント「まるごと神奈川」
開催日:2016年1月11日(月・祝)17:30~18:00の来店に限ります。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP