ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年度のTodoアプリはこれで決まり!?機械が学習してスケジュールを管理「Swingdo」が新しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あれをやろう、これをやろう……。頭の中でそう考えていても、なかなかうまくいかないもの。

そんなとき役立つのが、Todoアプリ。やるべきことを忘れないように記録したり、通知してもらうことで、作業効率のアップを図る便利アイテムである。

市場にはすでにさまざまなアプリが出回っているが、ここに来てまた1つ、ひねりのきいたサービスがローンチしたので、ご紹介しておきたい。iPhoneアプリ「Swingdo」。次にやるべきことを、機械学習が整理して教えてくれるという、スグレモノだ。

・機械学習がやるべきことを整理!

「Less is more(少ないことは、より豊かなこと)」をコンセプトに、誕生した本アプリ。最新の技術とシンプルなUIの組み合わせによって、これまでにない新しいTodo管理体験を提供している。

日時が確定している予定、期限があるタスク、いつかやりたいことは、機械学習が賢く整理。優先順位をつけながら、スマートにリコメンドしてくれる。

その機能精度は、アプリを使えば使うほど高まるので、とにかくまめに登録するのがおススメだ。

・ばらつきがちな項目を1か所に集約

Todo(タスク作成・管理)、カレンダー(スケジュール管理)、返信忘れのメールなど、他のアプリでは個別化されがちな項目が、1か所に集約されているのもうれしい。“これ”と思う機能のみに特化し、使いやすくしている点も、このアプリの大きな特徴と言える。

今年も残すところ、あとわずか。来年こそは、と思うあなた。新年を迎える前に、自分にぴったりなTodoアプリを見つけておいてはいかがだろうか。

Swingdo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。