ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レゴブロックでお正月飾りを作ろう! 都内初の量り売りショップ「Pick A Brick」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国5店舗目、東京では初となるレゴブロックの量り売り「Pick A Brick(ピックアブリック)」が楽しめる専門ショップが、お台場の「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」に登場した。通常、館内は子ども連れしか入れないが、ここはエントランスに併設されたショップなので、大人ひとりでも入店することが可能だ。
「Pick A Brick」ショップは、好きな色や形のパーツを選んで1グラム10円で購入できる量り売りシステムが特徴。ポッチ(突起)のある基本ブロックに加え、プレート型やラウンド型、葉っぱをイメージしたパーツなど約50種類をラインナップしている。カラーも鮮やかな原色から、ピンクやパープルの淡い色やスケルトンカラーまで豊富に揃う。
そこで今回、「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」専属のレゴ職人であるマスター・ビルダーこと、大澤よしひろさんに「Pick A Brick」からブロックを選んでいただき、正月飾りの「門松」と正月行事の「獅子舞」を特別に作ってもらった。
 完成した作品がこれ。

「獅子舞」に使用したブロックは30グラム。つまり、たった300円でオリジナルのレゴ獅子舞が手に入る。「門松」はブロック20グラムで200円で購入できる。もちろんショップにはさまざまなカラーのブロックが揃っているため、緑ブロックの代わりに黄色やターコイズブルーのブロックを使用するなど、オリジナリティあふれるカラフルな作品が作れる。
 

「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」では、子ども向けのレゴブロック教室を毎日開催しているが、大人からも要望があり、現在では毎月1回、「大人のレゴ教室」や大人のみでも入場できる「大人のLEGOナイト」を実施している。興味がある方は、「大人のレゴ教室」でマスター・ビルダーに弟子入りしてみてはいかがだろうか。

<<レゴランド・ディスカバリー・センター東京「Pick A Brick」ショップ>>【所在地】東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール3F交通:ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅より徒歩2分、りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩5分【営業時間】平日10時~18時、土日祝日10時~19時 ※施設の最終入場時間(閉館2時間前)に準ずる。【お問合せ】一般からのお問合せ/レゴランド・ディスカバリー・センター東京 TEL:03-3599-5168(10時~19時)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
・将棋の王将を「王」と「玉」に変えたのは、あの武将だった!?
・ちょっぴり切ない話 ~「袋とじ」の誕生秘話~
・マンガで知った豆知識を教えろ【ノージャンル編】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP