ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大掃除にも使える!?スマホから遠隔操作もできる掃除ロボがLGから登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近人気の掃除ロボット。自動で室内を動いて部屋をきれいにしてくれるというスグレモノだが、さらに便利なタイプが登場しそうだ。

このほど韓国LGが発表した、「HOM-BOT Turbo+」。搭載したカメラを経由し、ユーザーはスマホのカメラから入念にきれいにしたい場所をタップして遠隔操作で指定できるというものだ。

・仮想現実のテクノロジー

従来のHOM-BOT製品にもカメラが付き、衝突回避機能も搭載するなど十分に賢いものだった。

それに仮想現実のテクノロジーを活用したのが今回のHOM-BOT Turbo+。Turbo+が搭載するカメラを通してユーザーは、スマホのカメラに室内の様子を映し出せる。

そして気になる箇所があれば、ユーザーがそこをタップするとTurbo+はそのポイントに行き掃除を始める。なので、外出先から“指示”を出し、帰宅時には部屋がピカピカに、ということが可能になる。

・ホームセキュリティー機能も搭載

加えて、搭載カメラをホームセキュリティーとしても活用できる。留守中に掃除機のカメラを通してユーザーは室内をいつでもチェックできるほか、不審者侵入などの動きがあるとTurbo+が自動的に写真をスマホに送る機能もある。

従来品より格段に賢くなったTurbo+、価格についてはLGはまだ明らかにしておらず、来月開催される世界最大級の家電見本市CES 2016に展示するという。

各メーカーが開発に力を入れている掃除ロボット、ますますホットな分野になりそうだ。

LG News Release

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP