ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役時の野村克也氏 田淵幸一氏を「こいつダメ」と感じた瞬間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年のプロ野球の3人の新人監督、高橋由伸(巨人)、金本知憲(阪神)、アレックス・ラミレス(横浜)はそろって外野手出身だ。野村克也氏は外野手出身の監督に名監督はいないと指摘する。外野手は考える習慣を持っていないからだという。それでは他のポジションの出身者はどうのか、野村氏が語る。

 * * *
 まず投手出身者は投手心理が理解でき、継投のタイミングがわかるという利点はあるが、彼らは基本的に「お山の大将」だから視野が狭い。現役中は打者と捕手しか見ていないのだから当然だ。

 その点、内野手はまだいい。横の連絡、外野との連携が必要なので、総合的な視野が広い。私が名監督と考えている三原脩(西鉄など)、水原茂(巨人など)、鶴岡一人(南海)、川上哲治(巨人)、西本幸雄(阪急など)の私が名監督だと考えている「5大監督」がすべて内野手であることを考えても頷けるところだ。しかし、細かい点を見ているという点では、やはり捕手の右に出る者はいない。

 捕手は監督以上の仕事をやっている。試合前から様々なデータを駆使して相手打者の分析をしているし、一度試合に入ればそれを元に、打者の反応を観察・判断して実行に移す。1球ごとに繰り返すこの作業によって、いかに「打ち取る」という答えに導いていくかが重要なのだ。この投手なら何点に抑えられるかという仮想ゲームを頭でやり、実際の試合を組み立てていく。捕手はいわば「脚本家」なのである。

 現に捕手出身監督は、ことごとく日本一になり、連覇も果たしてきた。上田利治、森祇晶、そして手前味噌ながら私。この伝統をぶち壊したのが、田淵幸一と大矢明彦だ。

 特に田淵は捕手の性格ではない。私は現役最晩年の2年間、西武で一緒にプレーしたことがある。田淵がレギュラーで私が控え。ロッカーが隣同士だったので、ある日の試合後、「なんであそこでストレートを要求したんだ。根拠は何だ」と聞いたことがあった。

 私は、捕手は「根拠のないサインだけは出してはいけない」と考えているし、どの球団でもそう教えてきた。試合中も右目でボールを受けて左目で打者の反応を見ろ、漫然とサインを出しているようでは捕手失格だ、理路整然と説明できるサインを出し、万が一それが打たれたなら仕方ない……そうやって考えに考えろと指導してきた。

 そんな私に、田淵から返ってきた言葉は、「イヤだなノムさん、投げているのは投手じゃないですか」だった。コイツはダメだと思った瞬間だった。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も
野村克也氏 外野手出身監督大成せぬのは考える習慣ないから
阪神 「捕手9人登録」酷評されたが好調の意外な後押しに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。