ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

親の家 埃がそのままや同じモノが大量貯蔵されてたら要注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「うちの親はまだ大丈夫」と思っていても、いつかは訪れる老い──。誰しもやがて体力が衰え、時には認知症に悩まされることも。だからといって恐れないで。片づけの伝道師・安東英子さんが“その時”に備えて、年末年始の帰省時にこそあなたがしておくべきことを教える。

 たとえ「片づけは私が死んでからにして」と言われても、親が元気なうちにこそ、片づけはしておくべきと、5000軒の片づけを手掛けてきた『親の家の片づけ 決定版』や『そのとき、あなたは実家を片づけられますか?』などの著書がある安東英子さんは言う。

 * * *
 親の家の片づけは、遺品整理と同等に考えてはいけません。あなたにとって大切な親御さんに一日でも長く生きてもらい、そして快適に過ごしてもらうためにも、できるだけ早く行ってほしいのです。

 離れて暮らしていると、親の様子を把握するのは難しいもの。だからこそ、この正月の帰省を使って、短い時間で上手に片づけられるコツと手順をお伝えします。

 まず、家のホコリや汚れがそのままになっていること。これは、視力の衰えによって引き起こされます。ちゃんと掃除しているとは言うけれど、部屋の隅に綿ボコリが渦巻いていたり、台所の壁がべたついていたり。

 それは、高齢になって視力が衰え、ホコリや汚れが見えにくくなっているのです。目の老化は、あなたが思っている以上に進行が早く、親自身も自分が汚れが見えないほど目が悪くなっているという自覚があまりありません。

 水晶体に含まれるたんぱく質が白く濁ったり、硬くなったりする「老人性白内障」は、目がかすむ、ぼやけて見えにくい、物がだぶって見える、光がまぶしく感じるなどの症状が表れます。個人差はありますが、早い場合では40才代から始まり、80才代ではほぼ100%の人が白内障になるといわれています。

 また、薄暗い場所で物を見るのが困難になるため、より明るい光が必要になります。例えば60才の人が読書する場合は、20才の人の3倍の光が必要といわれています。ですから、子供であるあなたが、家の中にホコリがたまらない工夫をしてあげることが必要になってきます。

 例えば、これまでむき出しにしていた物を、なるべく引き出しに収納するようにします。こうすると掃除すべき場所や物が格段に減ります。仕上げに、部屋中の電球も取り換えてください。部屋が明るくなれば、ホコリや汚れに気づきやすくなります。その時、照明器具をきれいに拭いてあげることも忘れずに。

 電球は、LEDがおすすめ。消費電力は白熱球の5~10分の1程度、なのに寿命が何十年と長いので、電球を取り換えるために、親が踏み台に乗って転倒するといった危険を回避することもできます。

 続いて、同じ消耗品のストックが増えていくな…と感じることもあるかもしれません。これは、記憶力の低下によるものです。

 高齢者になるとストックの量を忘れて、同じ物を何度も買い足してしまう場合も少なくありません。とくにストックが多いのが、トイレットペーパーやティッシュ、洗剤などの消耗品や食品です。それが決まった場所でなく、家のあちこちに保管されているのも特徴です。

 消耗品や食品はいずれ使うので、捨てずに一か所に集めて量がわかるようにしておいて。シャンプーや洗剤、食品などは引き出しタイプのクリアケースに収納すると、中身が見えるので何がストックしてあるかわかりやすいでしょう。

 とくに食品は、開封品と未開封の物は分けて収納を。開封した物は輪ゴムやクリップなどでとめて、すべてを同じ場所にまとめておきましょう。こうすると使いかけがあることを忘れて、同じ物を無駄に開封しなくなります。

 また、親が遠くにいる場合は、片づけノートをつくって消耗品などのストック場所をそれぞれ書いておくのも一案。買い出しに行く前に、必ずノートを親に見てもらい、ときには電話で話し合いましょう。

※女性セブン2015年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
子供に片づけさせる方法 親の手助け厳禁で見守る我慢必要
「片づけが苦手」と主張する妻に夫「そんなお前が苦手だよ」
30~50代の女性の約7割が「掃除、片づけが嫌い」と回答

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。