ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無限に広がる可能性!美容師になって楽しいと思った3つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美容師になって楽しい♪と思ったこととは?

前回は、「美容師になってよかったこと」についてお話しましたが、今回は「美容師になって楽しいと思ったこと」についてお話したいと思います。
【楽しい!と思ったこと①:世界中にお友達ができる】
僕には美容を通じて仲良くなった海外のお友達がいます。 美容師、フォトグラファー、ファッションデザイナー、貿易商、料理人、実業家、などなど。世界中の情報が得られる、これも珍しい業界です。
僕にはロンドン、パリ、香港、台湾などに行くと待ってくれている友人たちがいます。世界中に友人ができる、そんな可能性に満ちた業界です。

 

【楽しい!と思ったこと②:世界に認められる日本の技術】

フォトグラファー、デザイナー、美容師など、世界的な地位は「アーティスト」です。 先日撮影でParisへ行きましたが、あるブランドのデザイナーさんがとてもリスペクトしてくれ、「あなたも同じアーティストだね」と、すっかり仲良くなりました。
世界的に有名な方にも認められるチャンスがあるアーティスティックな業界です。日本ではまだまだ美容師さんの社会的地位は低いと思われていますが、それも長くはありません。 今も見直され続けている、上昇気流な業界です。

 

【楽しい!と思ったこと③:時間が自由】

ある程度の売り上げを上げられる美容師になると、非常にフレキシブルです。極端な話、「この日を休みます」ということが可能です。友人の結婚式にも出られます。早めに帰って映画を見たい、ということも可能です。まずはそこそこの売り上げを目指しましょう。
先日、家内が入院していましてその時は毎日17時45分に退社していました。お客様は予約をずらして下さいます。または日にちを変えて来て下さいます。とってもありがたい業界です。
美容師は続けていれば、いろんな出会いや可能性が広がるだけではなく、時間もある程度自由がきくようになります。一般の会社ではなかなか得難いものではないでしょうか。
次回は、「美容師になってやりがいを感じる瞬間」をご紹介します。

黒木利光(CHARLES DESSIN)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP