体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造!

2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新作を待ちわびていた、ファンたちの熱狂ぶりも記憶に新しいところ。なかには、こんなDIYで喜びを表現したファンもいたようです。

VWバスが
R2-D2に大変身!

R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造!

まずは、こちらの「R2-D2」仕様にお化粧されたフォルクスワーゲン・タイプ2(通称ワーゲンバス)を見てください。にじみ出る“スター・ウォーズ愛”感じるでしょ?

26歳のブラジル人César Aguzzoliさんは、スター・ウォーズの大ファン。彼は、先の新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開に合わせて、1992年製の愛車を劇中のキャラクターR2-D2にディフォルメ。奥さんと二人、50日がかりで製作に入りました。彼らのアイデアは、直接塗装していくのではなく、各パーツごとにビニール地のステッカーを貼っていくスタイル。こうして、壮大なDIYが始まりました。

貼っては乾かし50日間
手作り感たっぷりのDIY

R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造!

まずは愛車を写真に撮り、そこにイメージをスケッチしていきます。絵のクオリティには目をつむって(笑)。この後、データをパソコンに落とし込んで、カラーリングをしていくようです。

R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造!

次に愛車を細かく採寸、各ブロック、パーツごとにステッカーのデザインが決定してきます。

R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造!

こうして、一枚のシートに印刷されたR2-D2。その長さは全長11メートル。これを一つひとつ裁断してきます。

R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造! R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造!

いよいよ、裁断したシートを一枚ずつ車体に貼り付けていきます。貼ってはドライヤーをあて、熱で定着させる作業。これをひたすら繰り返し…。

R2-D2が好きすぎる男性 ワーゲンバスをDIYで大改造!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。