体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年を迎える前に、サヨナラすべき16の「人・モノ・習慣」

64887694

ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめている内容は、年末のこの時期にピッタリ。というのも、新年を迎えるにあたってサヨナラを告げるべき“悪しき習慣”が挙げられているのです。

自分ではわかっていても、悪いクセってなかなか直らないもの。まずは自分に該当する項目をチェックし、意識することから始めてみては?

01.
“どうせ◯◯だろう…”
という思考

756076

「これは無理…」「こんな人間にはなれない…」といった思考には別れを告げましょう。そうした囁きに意味はありません。今すぐそれに気づくべきです。

02.
行動を振り返り、
反省するクセ

私たちは自分の行動をすぐに振り返りがち。でも、すべてを反省する必要はありません。反省もいいですが、自分の可能性や達成したことに、もっと自信を持ちましょう。

03.
過去のネガティブな記憶

同様に、過去のネガティブな記憶にサヨナラを。それらを忘れて、自分は常に“生きる方法”を学んでいることを覚えておいてください。

04.
実現しそうにない約束

33412964

守れない約束はしないようにしましょう。何事にもタイミングがあります。良いことをするには、時間がかかることを理解する必要があります。

05.
まず“否定”から入ること

何事も否定的に考えてしまうーー。これもなんとか別れを告げたいクセ。やめることができれば、幸せな生活を始めるきっかけになるでしょう。

06.
悲しくて涙した過去

傷つき、泣いた時間を清算しましょう。直面するかもしれない困難に対応するために、自分の過去を受け入れるのです。

07.
一緒にいるべきでない
“有害な”人間

ja022117717_Large

一緒に居たくない人とは、もういないようにしてください。彼らは何らかの理由で、あなたの人生にとって意味のない存在になっています。本当に自分の大切な人とだけ付き合うように。

08.
いい思い出も…

たとえいい思い出であっても、何度も思い返すのはやめましょう。「そういえば◯◯はどうなったんだろう…」などど考えることがありますが、それはあなたがそこで立ち止まっている証。今こそ、新たなことに目を向けるべきタイミングです。

09.
便利なテクノロジー

スマートフォンやPC、SNSなど中毒のように取りつかれているものを手放してみてください。自然の中で多くの時間を過ごすように。何事も、やりすぎては自分を息苦しくさせるものだと自覚しましょう。

10.
過ぎ去ったことへの後悔

Pensive/dreaming woman on the beach
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。