ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山田詠美が選ぶ名著『みちくさ日記』 ページをめくるたび涙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年に発売された書籍の中から「ブック・オブ・ザ・イヤー」3冊を作家・山田詠美さんにセレクトしてもらった。

【1】『みちくさ日記』道草晴子/リイド社

 わずか13才で、ちばてつや賞・優秀新人賞を受賞するも、精神科病院に入院してしまった晴子ちゃん。彼女の再生までの何とも繊細で健気なダイアリー。ページをめくるたびにいじらしくて涙が出てきます。がんばれー!!

【2】『骨風』篠原勝之/文藝春秋

【3】『LOVE&PEACE~清野とおるのフツウの日々~』清野とおる/白泉社

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
キャサリン妃 長男洗礼式に「ダイアナ元妃も出席してほしい」
今年最も美しく生きている女性・石原さとみが美しいダイヤを着用
ダイエット後頻繁にリバウンドする夫 101kg→66kg→84kg

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP