ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お詫びの時に必ず持参したい手土産・超絶品スイーツの「切腹最中」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事で失敗したり、ミスを犯してしまうことは誰にでもあります。ミスによって迷惑をかけてしまった取引先の方や上司などにお詫びする、そんな時に一緒に持参したい、お詫びの気持ちを表してくれる手土産があります。

それが、今回ご紹介する「切腹最中」。

洒落っけを込めてお渡しするお詫びの品として「切腹する位、反省してます」という気持ちが表れている「切腹最中」は、ぴったり?!ではないでしょうか?

・ギョっとする名前の和菓子「切腹最中」とは?!
東京の新橋、虎ノ門ヒルズの近くにある御菓子司「新正堂」さんは、大正元年(1912年)創業の100年以上続く老舗の和菓子屋です。この新正堂で人気ナンバーワンのお菓子が「切腹最中」。

もともとはごく普通の和菓子屋でしたが、忠臣蔵で有名な、江戸城・松の廊下で吉良上野介に斬りかかった赤穂藩の領主だった浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が切腹したお屋敷が、このお店のある場所だったことから、忠臣蔵に関連した商品を作ろうと考え「切腹最中」が誕生しました。

しかし、「切腹」という縁起でもない名前に周囲は大反対したそうですが、販売してみると、お詫びに行くときの「切腹する覚悟」という洒落が受け、新橋のビジネスマンに評判になりお店ナンバーワンの商品になりました。

今では、お詫びだけではなく「切腹」という名前から「腹を割って話そう」という意味もあり、いろいろな場面で使える手土産となったそうです。

新正堂さんの軒先には長椅子が用意されているので、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が切腹した場所で、「切腹最中」を食べることができます。

ですが、ここはさらに、忠臣蔵に縁のある場所で「切腹最中」を食べてみたいと思います。

・忠臣蔵の大石内蔵助が覚悟を決めた場所、赤坂氷川神社で「切腹最中」を食べよう!
東京の赤坂にある「赤坂氷川神社」は、東京三大縁結び神社の一つとして、良縁のご利益があるといわれています。実は、この神社がある場所は、もともと浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が切腹した後に、夫人が住んでいた屋敷でした。

討ち入りの前日に大石内蔵助が夫人を訪れ、討ち入りを実行することを報告しようとしたのですが、吉良上野介側の密偵がいたために、討ち入りを断念すると嘘をついて夫人と涙ながらに別れたという「南部坂 雪の別れ」の舞台となったところで、忠臣蔵の名場面の一つとなっています。

それでは、そんな名場面を思い出しながら、和菓子の「切腹最中」を食べてみたいと思います。

「切腹最中」は、名前のインパクトもすごいですが、見た目も最中から、あんこが多すぎてはみ出していて、皮が閉じていない形となっています。一口食べてみると、ほんのり甘いあんこが、いっぱい詰まった美味しい最中で、さらにあんこの中には、お餅も入っていて、様々な食感を楽しむことが出来る一品となっています。

今年、いろいろと失敗やミスしてしまった上司や取引先に、新年のご挨拶の際に「切腹最中」を手土産にして、お詫びとともに、ひと笑いを起こして、心新たに再出発してみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

<切腹最中>
お店 新正堂
場所 東京都港区新橋4-27-2
営業時間 月〜金:9時~20時、土曜:9時〜17時
定休日 日曜、祭日
ホームページ http://www.shinshodoh.co.jp/

<赤坂氷川神社>
場所 東京都港区赤坂6ー10ー12
ホームページ http://www.akasakahikawa.or.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。