ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長 テルアビブと三菱重工事件でのテロ間一髪を回想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が、世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、危うくテロに遭遇しそうになった過去を語ってもらいました。

 * * *
──テロの恐怖を身近に感じる昨今ですが、高須院長が過去にテロに遭遇しそうになったことはありますか?

高須:1972年のことだけど、テルアビブのロッド空港で、後の日本赤軍のメンバーが乱射事件を起こした時はニアミスだったね。ちょうどイスラエルで整形外科学会がある時で、事件が起きた直後に日本から飛び立ったんだよ。本当は日本から何人も行く予定だったけど、結局みんなキャンセルして、その時は僕と女房だけがテルアビブに行ったんだよね。

──その時は特に被害に遭うこともなかったんですよね。

高須:そうそう。でも、何年か後に三菱重工爆破事件(1974年)があったでしょ。そこでもちょっと危なかったんだよね。

──東アジア反日武装戦線「狼」による事件ですね。

高須:実はあの頃、三菱重工のある部署にガールフレンドがいてね(笑い)。

──その時、すでに結婚なさってましたよね。そんな話、大丈夫ですか?

高須:大丈夫、大丈夫。まあ、あくまでもガールフレンドだからね(笑い)。それで、その女の子は、ロケットやなんかの書類を六本木にあった当時の防衛庁に届ける係だったんだよ。ある日、女の子が「今日の仕事は防衛庁に書類を届けるだけだから、ラッキー!」とかいうから、六本木のアマンドで僕と二人でお茶を飲んでたら、テレビかなんかで三菱重工が爆破されたっていうニュースが流れてきてね。もしも、僕とお茶をしてなかったら、その女の子も被害に遭っていたかもしれなかったんだよ。

──ある意味、高須院長のおかげで助かった、みたいな。

高須:そうかもね。この爆破事件もそうだし、赤軍派の事件もそうなんだけど、当時の左翼の過激派は、思想こそ全然違うけど、やっていることは行動右翼なんだよね。何か大義のために、自分のことすら犠牲にして行動をするっていうのは、もしも同じことを国のためにやっていたら、特攻隊そのものだよ。

──なるほど。

高須:話はそれるけど、特攻隊といえば、トルコの陸軍病院に行った時は日本人っていうだけで、ものすごく歓迎されたのを思い出すなあ。特攻隊の精神が素晴らしい、ってね。

──トルコですか?

高須:そう。ロシアと緊張状態にあるトルコ。あそこは、本当に親日国家でね。もう40年も前のことだけど、アンカラ大学に短期留学した時は、「ハポネ! ハポネ! ジェネラル・トーゴー! ジェネラル・ノギ!」なんて、ものすごく歓迎されたよ。戦闘機の真似をして「カミカゼブーン!」なんて言おうものなら、もう拍手喝采。

──すごいですね。

高須:当時のトルコの人々は、とにかく勇ましいものが好きだったんだろうね。あと、ロシアへの恨みも関係していると思うよ。

──ここでもロシアですか。

高須:トルコは、オスマン帝国の時代からロシアと戦争を繰り返してきたわけでしょ。それで、露土戦争(1877~1878年)に負けて、広大な領土を奪われた。その後に、日本が日露戦争を仕掛けていくんだけど、トルコの人々はまさか日本がロシアに太刀打ちできるとは思っていなかったんだろうね。でも、蓋を開けてみたら、東郷平八郎やら乃木希典の活躍もあって日本が勝った。日本の勝利を知ったトルコ人たちは、「よくぞロシアを倒してくれた!」って、狂喜乱舞で喜んでいたんだよ。

──日本が仇討ちをしてくれたっていうことですね。

高須:太平洋戦争の時も、日本がアメリカをやっつけてくれるんじゃないかって、トルコの人々は期待していたみたいだよ。まあ、結局負けてしまうんだけど、惨めに降伏するんじゃなくって、最後に神風特攻を仕掛けたっていうことが、トルコではすごく勇ましい姿として捉えられているようだね。

──今でもやはりそういう特攻隊の精神みたいなものがトルコで支持されているんですか?

高須:大好きみたいだね。親日国家であることは間違いない。でも、彼らが好きな日本はちょっとズレている。やっぱり、太平洋戦争の頃の日本が好きなんだよ。もちろん、今の日本がそういう国ではないということは知っているんだろうけど、“神風精神”みたいなものに対する憧れが強いんだろうね。

──まさに勇ましかった頃の日本ですね。

高須:トルコ革命の英雄、ムスタファ・ケマル・アタテュルクも日本に大きな影響を受けていたっていうしね。いやあ、もしかしたら、領空を侵犯したっていうロシア軍機が日章旗をつけていたら、撃墜もされなかったかもしれないな。

 * * *
 かつて過激派によるテロに巻き込まれかけた思い出を告白するとともに、トルコでの親日ぶりを回顧した高須院長。ちなみに、高須院長いわく「イスタンブールほど、さり難かった街はない」とのこと。親日国家であるトルコに触れることで、日本人としてのアイデンティティーを思い起こされるのかもしれない。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。