ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】もう病院で何時間も並ばない!患者と診療所の信頼関係を深める「Yadorigi」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫
yadorigi_1

社会の高齢化が加速し、医療のサービス向上が急務となりつつある昨今。医療業界の間でも、ITを駆使したさまざまな取り組みが、検討され始めている。

リリースされて間もない「Yadorigi(ヤドリギ)」も、そんなサービスの1つだろう。

特徴は、予約から受診の手続きまでを一括しているところ。待ち時間なしの予約、混雑状況のリアルタイム確認など、多彩な機能で通院にかかるストレスを大幅に削減。患者と診療所双方の利益を熟慮した、期待のソリューションである。

提供元は、医療系ソフトウェア開発で躍進中の、Hynext(ハイネクスト)。代表取締役の日置 雄一郎(ひおき ゆういちろう)氏に、話を聞いた。

・医療従事者と患者の信頼関係を深めるソリューション

Q1:サービス開発のきっかけを、お聞かせください。

yadorigi_2

歯科医院へのシステム導入などで、雑談をしていたときのことです。

患者さんとの関係をもっと良好にしたい、という院長先生の要望もあって、企画及び、開発がスタートしました。

Q2:「Yadorigi」とは、どんなサービスなのでしょうか。

患者のために日々努力する医療従事者を、支えられるサービスをめざしました。

患者を待合室に拘束せず(患者満足度の向上)、医療従事者と患者間で連絡を取りやすくし、距離感をなくして信頼関係を築きます。

診療所の効率化ではなく、患者サービス及び、医療従事者と患者間の関係を深めるためのソリューションです。

・接骨・整骨院、美容業界への展開も予定

Q3:本サービスは医療の分野に、どのようなメリットをもたらすのでしょうか。

yadorigi_4

患者との信頼関係が築けなければ、訴訟などのトラブルのリスクが高まり、かようなトラブルは、医療業務への集中を阻害します。

結果、いわゆる“やぶへび”への畏怖の念から説明不足となり、ひいては医療クォリティの低下を招き、患者にとっても不利益となりかねません。

本サービスの導入によって、患者サービスが向上し、医療従事者と患者がもっと近いものになります。そして、医療従事者は医療に集中でき、医療の質向上が期待できます。

Q4:現在の導入状況と今後の展開について、教えてください。

サービスインしたばかりなので、導入はこれからです。今後は、接骨・整骨院、美容業界などに展開していき、予約待合システムのスタンダードをめざします。

「Yadorigi」は、ios、Andoroidアプリで公開中(診療所用はipadのみ)。まずは、関東近郊での運用からスタートするとのこと。サービスの浸透に、期待したい。

Yadorigi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。