ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「陣痛に気づかなかったらどうしよう」はいらない心配だった!まだかまだかと待ちわびた陣痛、初産なのにスピード出産

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐ予定日なのに一向に陣痛らしきものがなくて、前駆陣痛も感じず、本当に産まれてくるのか、無事に産めるのか心配ばかりしてました。

住んでるアパートの階段が急なので外に行くのも一人だと不安で大きなお腹で出るのがだんだん億劫になってました。

予定日一週間前から実家の母が家事の手伝いに来てくれて、そこで一緒にお散歩したり買い物に行ったりして体を動かしてました。

初産は予定日から遅れるからそこまで心配はいらないと言われてましたが、早く会いたい気持ちとお腹が大きくてとてもしんどい気持ちといろいろ混ざり合って、不安がつのってました。

予定日までの最後の妊婦健診(予定日の二日前)のときも、医師に、「あ~まだ指2本分くらいだね~」と先週のときと全く同じコメントをいただき、もう予定日遅れるんだな、あわてても仕方ないな、くらいの気持ちをもつように心がけました。

周りの友だちはみな1~2週間予定日より早いからついつい自分も早いんじゃないかとどこかで錯覚していたのかもしれません。

その日病院から帰ってきて夜普通にテレビ見て笑ってご飯食べてシャワーして、普段と変わりない一日を終えて眠りにつきました。

夜中3時、お腹に異変を感じ目が覚めました。

痛いなーとか今までの張り方より強いなーとしばらく様子をみてました。

とうとう前駆陣痛ってやつがきたのか!とワクワクもしました。

でもワクワクは一瞬だけでした。体勢を変えても痛みはどんどん増していきました。

産婦人科からは10分きったら電話してと言われてましたので、4時過ぎた辺りからiPhoneのタイマー見ながら時間を計ってました。

おしるしあるかなとトイレにも行きましたが、ありませんでした。

じゃあ産まれるまでまだまだなのかなーここからどのくらい痛みがどんどん大きくなってどのくらいの時間かかるのだろうかとか考えてました。

考えてるうちに、声を出さないと耐えられない痛みになってました。

お腹が痛いというよりは腰が悲鳴をあげてるかのような痛みに耐えられませんでした。

5時過ぎだいたい10分間隔になったなと思う時に主人起こしました。

寝起きに陣痛来た話をしたらかなり驚いていましたが、見たことない早さで病院に行く準備をしてました。

一度病院に電話したら、やはり初産ということで「もう少し様子見ましょう。10分きったらもう一度連絡下さい」と言われました。

もう1時間お家でねばりました。痛みから逃れるため、意識していたわけではありませんが、ゆっくりスクワットしてました。

6時半に主人が痛がる私を見かねて、すでにタクシーを手配してしまいました。

どうせ病院行っても、まだまだですねと言われるのがオチだと思ってましたので、まだタクシーいらんと言っていたのですが、とりあえず病院行ってみてもらえばいいからと強くおされて、もう一度電話して行きました。

実はこの頃にはすでに5分間隔まできてました。タクシーの中でも時計見てました。

病院に着いてとりあえず分娩台に乗って見てもらうと、5cm開いてます言われ、え~昨日のお昼はまだ2cmほどだったのに?と思ってました。

痛い痛いと言いながら分娩衣に着替えてベッドに横になっていると、助産師さんがもう一度様子見にきてくれて、「おーもう全開ですね」の言葉にまたほんまかいなと疑ってしまいましたが、すぐ分娩台にのぼらされました。

主人立ち会いのもと、分娩台にのぼってから50分で出産という超がつくほどスピード安産でした。

陣痛がきてからだと3時間半という初産ではめちゃくちゃうらやましがられるお産となりました。

初産でなにもかもが未経験だったので、いろんな雑誌やネットやテレビなどで流れる情報を見て、何が正解で何が参考になるのか全く分からなかったですが、陣痛は確かにどんな状態でも絶対に気付くということが分かりました。

分からなかったらどうしようとずっとネットにかじりついてたこともありましたが、耐えられない痛みがやってくるので分からないはずがありませんと今ならそう思います。

著者:かーみん

9月に第一子女の子を出産しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんが苦しむのが嫌だから…信じて頑張った!安産ストレッチと呼吸法
何度電話しても自宅待機を指示され困惑。「もう行きます!」と強行突破、病院に着いて20分のギリギリ出産!
え、え、もう産まれちゃったの??

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP