体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

太陽光発電、冬は発電量が減る?

太陽光発電、冬は発電量が減る?

「冬って寒かったり雪が降ったりするけど、発電量は減るの?」。太陽光発電を自宅の屋根に載せてみたい……と思っている人にとって、これはとっても気になるテーマです。実際、自然を相手にする発電だけに、やはり季節によって発電量が大きく変わってくるのも事実です。そこで、実際に筆者の自宅の屋根の発電状況を例に紹介してみたいと思います。
発電量の基本は日照量との関係

太陽光発電は太陽からの光をソーラーパネル=太陽電池が受け、それを元に発電する仕組みとなっています。そのため、日中に発電し、夜はまったく発電しないわけですが、その状況は時間ごとの発電量のグラフを見ると一目瞭然。

【図1】緑の棒グラフが発電量を表す(エコめがねスクリーンショット)

【図1】緑の棒グラフが発電量を表す(エコめがねスクリーンショット)

【図2】図1と同じ日を「売った電気代」「買った電気代」でみたグラフ(エコめがねスクリーンショット)

【図2】図1と同じ日を「売った電気代」「買った電気代」でみたグラフ(エコめがねスクリーンショット)

図1は今年の5月のよく晴れた日の発電量の推移を示したものです。エコめがねというモニターシステムを用いて測定しているのですが、発電量を表すのが緑、オレンジと赤を合計したのが使用した電力量です。朝からだんだん発電量が増えていき、11時にピークを迎えて16時に発電を終えているのが分かると思います。

kWhという単位で示していると分かりにくいので、同じ日のデータを売った電気代と買った電気代という形で見せたのが図2です。この日売った電気代は640円、買った電気代は166円、差額はプラス474円でした。これは晴れた日のパターンですが、翌日は天気が崩れたので、緑の棒グラフの動きがだいぶ違います。

【図3】図2の翌日、雨の日のグラフ。緑の棒の動きが異なります(エコめがねスクリーンショット)

【図3】図2の翌日、雨の日のグラフ。緑の棒の動きが異なります(エコめがねスクリーンショット)

そもそも、曇りのち雨だったため、ピークは朝8時で、そのピーク時の発電量も前日より大きく減っていますから、収支も落ち込み、売った電気代140円、買った電気代173円で、差額はマイナス33円でした。日照量だけでなく温度も関係する

では、この電気代収支を月別に見るとどうなるでしょうか? 2013年と2014年のデータを示したのが図4と図5です。年によって、気候は結構違うので、グラフにも違いが出ていますが、傾向としては春夏にいっぱい発電し、冬は少なくなることが分かります。

【図4】2013年の月別グラフ。5月が一番多く発電し、10月が一番少ない(エコめがねスクリーンショット)

【図4】2013年の月別グラフ。5月が一番多く発電し、10月が一番少ない(エコめがねスクリーンショット)

【図5】2014年の月別グラフ。こちらも5月が一番多く発電しているが、この年一番少ないのは雪が降った2月(エコめがねスクリーンショット)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。