ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

孤独、焦燥、不安が加速する金曜日。節約中の女子が絶対に観てはいけない映画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

金曜の夜とくに予定もないし、週末も予定なし。ひとりで家に帰っても「おかえり」「今週もお疲れ」と迎えてくれる人はいない。
いつもは平気だけれど、金曜日だけはどうしようもなく孤独を感じるし、自分だけが取り残されているような不安に陥り、このままじゃダメなのではと焦燥感が助長されます。アラサーのひとりの金曜の夜には、恐ろしい魔物が潜んでいるんです。
そんなひとりぼっちの金曜の夜、絶対観てはいけない映画があります。それを観るだけで、余計心にヒリヒリとした感情が沁み込みエグられた気分になってしまうんです…。私、映画ソムリエの東紗友美が、そんな金曜の夜に絶対に観てはいけない映画を紹介します。絶対、観てはいけませんよ。

節約中の女子は観てはいけない、洋服を爆買いしたくなる映画

ボーナスが入り、クリスマスや忘年会と散在しまくって気づいたら金欠…。そんな女子は絶対観ちゃダメ。
20151225_movie.jpg
金欠の金曜の夜に観てはいけない映画は、1995年に公開した『クルーレス』節約中の女子が我慢している「買い物したい…」という欲求をこれでもか!と刺激してくる青春コメディ映画です。

セレブJKがビバリーヒルズでお買い物三昧

20151225_movie02.jpg
『クルーレス』の主人公は、ビバリーヒルズに住む超セレブ女子高生・シェリー。おしゃれが大好きな彼女は、自分に相応しいファッション、恋人、食事、音楽を見極めることが人生で1番大切だと思っています。生まれながらのセレブなんて、うらやましすぎる。
夢のような勝ち組具合に、嫌なやつなのか! と第一印象で警戒しますが、実はシェリーはとっても純粋で性格も素直。イケてない友だちをコーディネートしていく姿や、悩みながら自分の未熟さを認める彼女を嫌いになんてなれません。
20151225_movie03.jpg
そんな彼女のストレス発散方法は、弁護士のパパのお金を使ってビバリーヒルズでお買い物三昧! 女子高生で世界屈指の高級ファッションストリートでお買い物なんて、もうなんてこっちゃ!
この映画は、1シーンごとに衣装が変わるので、用意されていた衣装は1,000着以上だったとか。主人公のシェリーだけでも、60パターンの衣装を着用しているのです。しかも、ルームウェア、制服、私服まで全部がかわいくて悶絶もの! それもそのはず、本作の衣装デザイナーは『25年目のキス』、『魔法にかけられて』などで活躍したモナ・メイ。女心をつかむセンスはばっちりなんです。
20151225_movie04.jpg
映画のなかで着せ替え人形のように洋服がコロコロ変わる主人公に影響されて、服を大量に買いたくなるのが困ったところ。ちなみに私は、観る度に買い物欲をガンガンに刺激されて禁欲できなくなって――はぁ~。
なので、節約を決めている人は絶対に観ちゃいけない。年末年始のセールで毎年買い物三昧して、1月苦しくなりがち…なんて人は観ない方が身のためかも?
ちなみに2014年に大ヒットした世界的なミュージシャン・イギーアゼリアの「Fancy」のPVは、完全にこのクルーレスの世界観のパロディなので、少しだけでも…と我慢できなくなったらチェックしてみて。
観てしまったら、『クルーレス』まで止まらなくなるかもしれませんが。

クルーレス(TM)/通常版
DVD発売元:パラマウント ジャパン
価格:3,980円(税抜)
発売日:2005年1月5日(現在発売中)
TM & COPYRIGHT (c) 1995 BY PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. CLUELESS(TM) is a trademark of Paramount Pictures. All Rights Reserved.
top image via shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。