ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年もシーズン到来♪期間限定!長崎県の海沿いエリアでカキ焼きセットを堪能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長崎県では、牡蠣や新鮮な海鮮、お肉を食べることができる場所がたくさんあるのをご存知でしょうか。いくつかのエリアの中から、今回は特に小浜、時津の2エリアに絞ってオススメのスポットをご紹介します。

絶品の牡蠣のみならず、気軽に立ち寄れる温泉も一緒にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【小浜のカキ&温泉スポット】

1.海の駅

輝く橘湾をバックに炭火焼きとおつゆで瑞穂牡蠣を堪能!

セットには島原半島の豚100%の雲仙ハムや骨付きウィンナーも

右手に富津港、真正面に橘湾、左手に湯けむり立ち上る小浜温泉という、景色に囲まれたパノラマ食堂です。瑞穂ガキの炭火焼きだけではなく、トマトソースに特産のエタリ魚醤が加わった石窯焼きピザや、島原半島の豚100%の雲仙ハム、骨付きウィンナーも楽しめます。

じゃらんカキ焼きセットはカキにハム、ウィンナーにおにぎりとカキのおつゆが付いて1500円!

★じゃらん特別セット★

じゃらんカキ焼きセット

1人前1500円(炭代別500円※5名以上は無料)

【内容】

瑞穂ガキ600g、雲仙ハム、骨付きウィンナー、おにぎり2つ、カキのお

期間 12/1~1/31

※除外日:なし

※予約不可

おすすめピザの「ちりめんもちピザ」1000円

海の駅

TEL/0957-76-0400

住所/長崎県雲仙市小浜町富津

営業時間/11時〜23時

定休日/水※12/30は営業

アクセス/長崎道諫早ICより50分

駐車場/20台

「海の駅」の詳細はこちら

2.伊勢屋旅館

800円の絶景露天風呂に立ち寄りたい!

4階にある展望露天風呂からは橘湾を一望

小浜エリアにある伊勢屋旅館では、800円で立ち寄り湯に入れます。4階にある展望露天風呂からは橘湾を一望できる、絶好の景色が魅力です。

さらに、貸切風呂も50分1人1000円から借りることができるとあって、ゆっくりと体を癒やしたい方にはオススメのスポットです。貸切風呂は1台なので問い合わせ必須です! 伊勢屋旅館

TEL/0957-74-2121

住所/長崎県雲仙市小浜町北本町905

営業時間/13時〜20時

定休日/不定、12/23、24、12/31〜1/3

料金/立ち寄り湯大人800円、小学生400円、貸切風呂1室50分1人1000円(小学生500円)※1室限定

アクセス/長崎道諫早ICより50分

駐車場/20台

「伊勢屋旅館」の詳細はこちら

【時津のカキ&温泉スポット】

1.とぎつ村ふるさと館 かき小屋

生産地域限定の厳選牡蠣が食べられるお店。

うず潮カキ+国産牛の骨付きカルビも1人に1枚

こちらのお店でいただける厳選カキは、店主の故郷・西海市西彼町育ちの「うず潮ガキ」の中から特に甘み際立つ網代地区のもの。販売に合わせて、カキ小屋もオープンしました。

仕入れたカキが完売すれば、その日のカキ焼きも終了ですが、お昼前に完売することも。開店と同時に行くのが狙い目です!カキは1.2kgで1000円。

★じゃらん特別セット★

じゃらんカキ焼きセット

1人前1500円(炭代込み)

【内容】

うず潮カキ6、7個、骨付きカルビ、ウィンナー3本、おにぎり、お吸い物

期間 12/1~1/31

※除外日:なし

※要予約

とぎつ村ふるさと館 かき小屋

TEL/095-886-8001

住所/長崎県西彼杵郡時津町野田郷1159-1

営業時間/11時〜(要予約)※カキがなくなり次第終了

定休日/不定

アクセス/川平有料道路出口から10分

駐車場/10台

「とぎつ村ふるさと館 かき小屋」の詳細はこちら

2.道の尾温泉

老舗温泉で風情を感じよう!

明治元年(1868年)の創業以来、愛される地元温泉

時津エリアにある、こちらの「道の尾温泉」はなんと、明治元年(1868年)に創業の老舗です。創業以来愛され続けてきた地元の温泉は、昔懐かしい雰囲気が漂います。

入浴料は大人でも550円、小学生までは300円以下と非常にリーズナブルで、まさに気軽に立ち寄ることのできる温泉です。時津エリアの風情を味わうことができますよ。 道の尾温泉

TEL/095-856-2631

住所/長崎県西彼杵郡長与町高田郷284

営業時間/9時30分〜22時30分

定休日/木

料金/550円、小学生300円、幼児150円、2歳以下無料

アクセス/長崎バイパス昭和町下車、徒歩10分

駐車場/25台

「道の尾温泉」の詳細はこちら

まとめ

以上、長崎県でカキが食べられるオススメスポット&立ち寄り湯をエリア別にご紹介しました!

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

中国四国の高速道路グルメ!おすすめラーメン8選
北海道の郷土料理といえば「石狩鍋」♪食べてよし、飲んでよし、石狩の地のおいしさを丸ごと満喫!
「もう一度行ってみたい温泉地ランキング2015」【中国・四国】TOP5

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP