体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道の郷土料理といえば「石狩鍋」♪食べてよし、飲んでよし、石狩の地のおいしさを丸ごと満喫!

北海道の郷土料理 石狩鍋を、いざ本場で!鮭をイクラから鍋まで、満喫!

日に日に寒さが増し、鍋が恋しい季節となりました。みんなでアツアツなお鍋を囲めば、身も心も温まりますよね!

一口に鍋といっても、具材やスープのバリエーションはさまざま。地方ごとにいろいろな種類の郷土鍋もあるけれど、迷ったあげくにいつも無難な寄せ鍋になってしまう、なんていう人も多いのでは?

そこでおススメしたいのが「石狩鍋」。

ご当地鍋ランキングなどで、必ず上位に顔を出す「石狩鍋」のメインの具材「鮭」は、栄養豊富なんです。良質なたんぱく質やビタミンを含むだけでなく、鮭の身の赤い色素には、高い抗酸化パワーがあるとされています。女性なら、鮭の皮に含まれるコラーゲンも見逃せません!

さあ、美味しくて美容と健康によい鮭を食べに、本場、石狩市に出かけてみませんか?

「石狩鍋」とは

北海道を代表する郷土料理のひとつ

石狩鍋

鮭のうまみが引き立つ味噌仕立ての石狩鍋

人気ご当地鍋である「石狩鍋」は、北海道名物「ちゃんちゃん焼き」、「ジンギスカン」と共に、2007年に農林水産省が主催した「農村漁村の郷土料理百選」にも選出されています。まさに北海道を代表する郷土料理といえますよね!

鍋の材料は、ぶつ切りにした鮭の身やアラに、キャベツ、たまねぎ、長ネギなどの野菜や豆腐、こんにゃくなど。ポイントはキャベツ!白菜よりもキャベツの甘みが味噌に合うのだそう。これらの材料を、昆布だしに白味噌を加えて煮込み、最後に魚の臭みを消すために山椒をふりかけるのが本場の味なんだそうです。牛乳やバターを入れることもあり、お店や家庭によりさまざまなアレンジがありますよ。

金大亭(石狩市新町)

元祖石狩鍋のお店で、

創業から変わらぬ味わいを堪能!

金大亭 明治時代から続く風情ある店内 金大亭 珍しい鮭料理をたっぷり味わえます!

「金大亭」は明治13年創業、石狩鍋の元祖といわれている老舗です。元々は漁師の賄いとして、味噌汁に鮭と野菜を入れて食べられていたものを、初代店主がメニュー化したといわれており、創業当時のままの建物で、4代目の女将が伝統の味を守っています。

鮭を余すところなく使った鮭づくしのコースは7品3000円~。

一度鮭を凍らせてから半解凍にしたお刺身「ルイベ」や、鮭の鼻先の軟骨を使った「氷頭の膾(なます)」、江戸時代からの製法で8か月かけて作られる「寒塩引」など、普段あまり目にすることのない珍しい鮭料理の数々に、ついついお酒も進んでしまいます。もちろんどのコースにも石狩鍋付きです! 金大亭

TEL/0133-62-3011

住所/北海道石狩市新町1

営業時間/11:00~19:00(オーダーストップ)※要予約

定休日/不定

料金/コース3000円~ など

「金大亭」の詳細はこちら

鮨爽醇鳥 ひだか

1人前からOK!

石狩鍋はもちろん、地元の幸を堪能

石狩鍋 合わせ味噌の風味が薫る石狩鍋にはいくらもトッピング 鮨爽醇鳥 ひだか 店主が選ぶ新鮮な素材。
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。