ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

謎のパンダはどこに?ウォーリーを探せ!の進化版が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一時期、日本でも流行った『ウォーリーを探せ!』。

大勢の人混みの中からウォーリーという痩せっぽっちのメガネ男を探すだけ、という趣向ながら、意外にハマる!ということで、世界中で一代ブームを巻き起こしたことは周知の事実。

そして、いまだウォーリーを見つけられない!という人がもしいるのなら、お次はこのなんちゃって『パンダを探せ!』にトライしてみるのもまた面白いかもしれない。

このなんともほっこりしたイラストを制作したのは、ハンガリーのアーティストであるGergely Dudasさん。

普段は、Dudolfというペンネームでユニークな風刺漫画を描いている。

そして、クリスマスに向けて新たに描いたのがこのイラスト。

まずは、この時期にぴったりな雪だるまを繊細なタッチで連続して描いていたのだけれど…?

実は、この中にパンダが隠れているということで一気にFacebook上で話題に!

早速『ウォーリーを探せ!』復活ということで、パンダ探しに躍起になる人が続出。

気になった人は早速トライしてみて!

その際は、ストップウォッチを用意して、パンダを見つけるまでに何分かかったかしっかり計測することをお忘れなく。

そして、FBにコメントを寄せればGergelyさんからステキなフィードバックが返ってくるかも?

theDodolf
http://thedudolf.blogspot.jp
Facebook
https://www.facebook.com/thedudolf/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP