ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松岡・江口・島崎・内山の仲良しトークは作品そのもの! 『虹色デイズ』記者会見[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


別冊マーガレットで好評連載中の男子高校生の日常を描いた青春学園ストーリー『虹色デイズ』がアニメ化。2016年1月より放送開始となります。

物語のメインは、部活動もせず、勉強もそこそこに楽しい毎日を過ごす中、やはり目下の関心事は恋愛! な、夏樹・智也・恵一・剛男子高校生4人の日常。

その4名を松岡禎丞さん、江口拓也さん、島﨑信長さん、内山昂輝さんという人気声優が演じるという事で、声優ファン的にも注目の本作。放送開始を前にキャストの皆さんが囲み取材を実施。作品の見所などお話を伺ってきました。

【関連記事】1月アニメ『虹色デイズ』PV公開! 松岡禎丞らメインキャストが歌う番組テーマ曲もチェック
http://otajo.jp/55734


―『虹色デイズ』がアニメ化されると聞いたときの感想を教えてください。

松岡禎丞:いつかアニメ化するのでは? と思っていたのですが、本当にすると聞いて純粋に嬉しかったです。

江口拓也:ドラマCDに引き続き、同じメンバーでやらせていただけるということで嬉しいです。ドラマCD収録のときに4人で食事に行って「アニメ化になったらいいね」なんて話していたので、それが実現しました。

島﨑信長:同世代のキャストが集まって演じることができて、新鮮で刺激的です。ドラマCDの時からすごく楽しかったので、この4人なら間違いなくいいものを作っていけると思っていました。

内山昂輝:アニメ化にあたり、そのままのキャストでやらせていただけるということでとても嬉しく思っています。同時に役を任されたというプレッシャーも感じているので頑張りたいです。

――ご自身と演じたキャラクターの共通点はありますか?

松岡禎丞:自分の信じていることを曲げない部分は似ているかも知れません。後、すごく頑固で、やらかしてから気付くところとか似ているかなぁと思います。でも夏樹くんみたいに女性に対してストレートに感情を表現することはできないので、羨ましいなと思いながら楽しく演じています。

江口拓也:(松永智也は)同時進行で女性と付き合えるキャラクターなので、チャラいですね! 僕自身は中・高生のときに女性とあまり関わり合いのない学生生活を送ったものですから、彼のアクティブな生活に憧れます。憧れているからこそ作りやすいというか、僕が謳歌できなかった人生を彼を通して楽しめたらと思って演じています。

島﨑信長:(片倉恵一は)普段の柔らかい雰囲気と、すぐムチを手にする“ドSモード”の2面性があるんですが……。

江口拓也:(島﨑信長さんに)ピッタリですね!

島﨑信長:ムチを出す趣味はないんですけど(笑)。雰囲気は似ているのかなと思います。残念ながらSMの心は持ち合わせておらず、ドSな人の気持ちは分からないんですけど、SMについても学んで……いや、学ばないかな(笑)。でも彼の2面性を素敵に表現できればと思って演じさせていただいています。

内山昂輝:僕が演じる直江剛というキャラクターはいつもローテンションで、3人がワイワイやっているのを1歩引いたところから眺めているというシーンが多いんですけど、それは普段の僕に近いところがあるのかな、と思います。(直江剛は)すごくアニメ、マンガ、ゲームが好きな人ですが、僕はそのそういう知識が浅い方なので、分からない言葉がでてきたときは信長くんに聞いて参考にしています。

島﨑信長:任せて! だいたい知ってるから!

内山昂輝:島﨑くんに頼っていきたいと思います。

―エンディング曲「Rainbow Days!」はキャラソンとして4人で歌っていますが、いかがでしたか?

松岡禎丞:キャラクターソングを歌わせていただく機会は多いのですが、今回の曲は難しかったです。細かく噛み砕いて、口のなかでハンバーグができるんじゃないかっていうくらい……。

江口拓也:え?!

島﨑信長:ミンチができるくらいかみくだいてこねくり回したってことかな(笑)。

松岡禎丞:はい(笑)。“歌って、楽しいけど恐いなって思いました。日々精進だな、と。要するに難しかったってことです(笑)。

江口拓也:『虹色デイズ』の世界観をうまく表現した曲だなと感じました。彼らの恋愛や平和な日常が虹色な日々だという。4人のワイワイ感があってエンディング曲として楽しい雰囲気で終わるっていうのが彼ららしいと思いました。

島﨑信長:キャラクターの2面性のどちらを出すのか迷いながら歌いました。今後キャラソンを歌うときも、どのくらい2面性を出していくかは日々研究しながら歌いたいと思います。

内山昂輝:僕が録る前の時間に信長くんが録ったそうで、その歌声を聞いてカッコイイ声だなあ、と思いました。なので、それを支えにしながら歌いました。

島﨑信長:僕こそいつも内山くんの声を支えにしてるよ。今日のアフレコでも「素敵!」ってずっと言ってた(笑)。


4人の仲の良さがにじみ出て来るトーク内容! この“キャッキャ感”は『虹色デイズ』の世界観に近いかも?

アニメ『虹色デイズ』は、2016年1月より放送。制作スタジオはプロダクションリード、総監督に『マクロス7』や『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のアミノテツロ氏、監督に大久保富彦氏、シリーズ構成を伊丹あき氏が務めます。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP