ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

財部亮治、YouTuberコラボ作品多数の1stアルバム「Season 1」来年2月発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

財部亮治、YouTuberコラボ作品多数の1stアルバム「Season 1」来年2月発売

楽曲制作のみならず、自身で映像制作も手がけ、ミュージックビデオを作品としてYouTubeを中心に発信し、YouTube FanFest JapanではWORLD ORDERやHome Sessionsとのコラボレーションしパフォーマンスを行うなど、マルチに活躍する新世代クリエイター財部亮治(たからべ りょうじ)が、1stアルバム「Season 1」を2月19日に発売することを発表した。

アルバムタイトルは、先日発表されたワンマンライブと同様の「Season 1」と名付けられ、彼が音楽クリエイターと志すキッカケとなり、現在のスタイルを生み出す基になった原点を見つめ直すと共に、ネットを中心とした活動のフィールドを拡げ、新たな一歩を踏み出すという意味合いがある。

今回の収録曲は、多重録音を駆使し、自身が発した音のみで楽曲を構成した「Born Free」や、累計3000万再生以上を記録する人気YouTubeドラマシリーズ「隙間男2」のテーマ曲となり、120万人以上のファンを獲得する大人気クリエイター、MAHOTO(BEMA)が、フィーチャリングした「Stalking Vampire feat.BEMA from カイワレハンマー」や、MAHOTO参加となる新曲「アネモネ」、35万以上のファンを抱える、たいぽん参加の新曲「ビビデバビdeパーティ〜らべぽんのハロウィンソング〜」の初音源化など、人気動画クリエイターとのコラボレーション作品を多数擁する全10曲。

さらに、財部亮治からのクリスマスプレゼントとして、本日から来年1月11日までの期間にタワーレコードオンラインにて今作を予約した人全員に「Season 1」オリジナルポストカードに、財部亮治自身が全て直筆でサインを入れるという。いよいよ本格的な活動を行っていく財部亮治の活躍に注目が集まるところだ。

また財部亮治本人のコメントや、自らのWEBドラマのテーマ曲としてコラボレーションした劇団スカッシュで監督・脚本を務める大塚竜也や、新曲「ビビデバビdeパーティ 〜らべぽんのハロウィンソング〜」でフィーシャリングした、たいぽんからのアルバムリリースを祝うコメントが寄せられている。

財部亮治 コメント
3年間YouTubeを中心に活動を行い、遂に1stアルバムをリリースすることになりました!家族や友人、そしてなにより沢山のファンの方々に応援していただけたお陰です!本当にありがとうございます!プライベート、YouTube、沢山の想いが詰まってる一枚なので是非お楽しみに!

劇団スカッシュ 大塚竜也 コメント
財部さんの人柄が表れている、優しくてボーダレスな曲達大好き。たまらん

たいぽん コメント
財部さんの曲は一つ一つに愛が込められてるのが聴いてると伝わってきます。買って絶対損は無いアルバムだと思います!
本当にアルバムリリースおめでとうございます!!

リリース情報

アルバム「Season 1」
2016年2月19日(金)発売
BRKR-001 2,000円+税
収録曲
1, Born Free
2, THIS IS MY WAY(Original)
3, Never Change
4, 胡蝶蘭
5, Your Smile Days
6, ミルクティー
7, ビビデバビdeパーティ〜らべぽんのハロウィンソング〜
8, アネモネ feat.BEMA from カイワレハンマー
9, Stalking Vampire 〜隙間男のテーマ〜 feat.BEMA from カイワレハンマー
※劇団スカッシュ YouTubeドラマ「Stalking Vampire 2 隙間男」テーマソング
10, Lead Myself ※劇団スカッシュ YouTubeドラマ「サラリーマンは踊る」テーマソング

タワーレコードオンライン先行予約特典
財部亮治 直筆サイン付き「Season 1」ポストカード
受付期間:2015年12月25日(金)〜2016年1月11日(月祝)23:59

関連リンク

財部亮治 YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCWDA90eEvGBgtbOM997aStw
財部亮治 Twitterhttps://twitter.com/Ryoji_Takarabe
財部亮治 FACEBOOKhttps://www.facebook.com/rjryojitakarabe/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。