体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Awesome City Club、360°パノラマドローンMV公開

エンタメ
Awesome City Club、360°パノラマドローンMV公開

Awesome City Club「Lullaby for TOKYO CITY」の360°パノラマドローンミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

この楽曲は、セカンドアルバム「Awesome City Tracks 2」に収録されている、“東京の街”をテーマに描かれた温かみのあるメロウなナンバー。今回公開されたミュージックビデオでは、自分の好きな視点で映像を見回すことができる360°パノラマ撮影にドローンを組み合わせた撮影技法が採用されている。時間によってその表情を変える東京の陰影と、そこを行き来する人々の揺れ動く心情を絶妙に切り取った楽曲の世界観に自ら入り込むことができる、ファンならずとも一度は味わって欲しい“映像体験”だ。

Awesome City Clubのメンバー自身も東京の景色の中に至る所から登場。「Lullaby for TOKYO CITY」の世界に飛び込んでメンバーに出会うと共に、彼らの眼に映っている”東京の街”を追体験してみよう。

また、このミュージックビデオの公開とともに、2016年3月に東京・大阪にて開催されるAwesome City Clubの自主企画イベント「Awesome Talks」の出演アーティストが発表された。3月17日の東京・渋谷CLUB QUATTROにAPOGEE、3月22日の大阪・MUSEにthe band apartが参加することがそれぞれ決定。今後更に出演アーティストの追加も予定されている。
チケットは現在オフィシャルサイトにてプレオーダー受付中。

Awesome City Club主宰 マツザカタクミ(Bass/Synthesizer/Rap)コメント
ハッピークリスマス!
2nd Album ”Awesome City Tracks 2”から「Lullaby for TOKYO CITY」のMVを作りました!
このMVは僕らが暮らしている東京を360度眺められるカメラで切り取った映像です。
僕らが日常的に目にしている風景が沢山入っているし、淡々と街の様子を映し出すこの映像に、あなたの日常を投影しながら見てくれたら嬉しいです。
東京は、華やかさの中に憂いが常に隠れている街だと思います。
東京という街には本当は誰の居場所すら無いんじゃないかなんて時々思います。常にしがみついていないと、はじき出されそうな気分になったりします。
その憂いは、そこで暮らしている人たちが毎日の生活の中で、疲れたり、寂しくなったり、不安になったりする感情が街に溢れているからだと思います。
そんな街の生活をしている人達に対して、つらい時はゆっくり寝て、一瞬だけでもつらいことを忘れて欲しいという思いがあって作りました。
そしてこの感覚は東京以外の街に住んでいる人に伝わると信じています。
ACCからのクリスマスプレゼントを楽しんでもらえたら嬉しいです。

そして、来年もACC色んなことをしますよ!まずは3月の自主企画オーサムトークス!
今回は東京と大阪で開催します。東京はAPOGEE、大阪はthe band apart先輩をお招きしました。
どちらのバンドもACCの楽曲にリンクしてる部分を持っているバンドだと勝手に思っています。
今回もバンドの素敵な演奏をBGMにそれぞれの自由な楽しみ方で、オーサムトークスを楽しでもらえたら嬉しいです。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会