ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和楽器バンド、映画『残穢』イメージソングに新曲「Strong Fate」を書きおろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

和楽器バンド、映画『残穢』イメージソングに新曲「Strong Fate」を書きおろし

映画『残穢(ざんえ) ―住んではいけない部屋―』が、2016年1月30日より松竹配給にて全国公開される。このイメージソングに、和楽器バンドの書きおろし新曲「Strong Fate」が決定した。

今作は、第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(『屍鬼』『十二国記』シリーズなど)の小説『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋監督(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化したもの。

小野自身を彷彿とさせる主人公「私」には、竹内結子。「私」とともに調査を重ねる久保役には、橋本愛。初共演の2人に加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な男性キャストが集結、予定調和を許さない驚愕のラストまで、片時も目が離せない戦慄のリアルミステリーが誕生した。

同作のイメージソングを担当する和楽器バンドは、詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた、“新感覚ロックエンタテインメントバンド”。メンバーは鈴華ゆう子(Vocal)、いぶくろ聖志(箏)、神永大輔(尺八)、蜷川べに(津軽三味線)、黒流(和太鼓)、町屋(Guitar)、亜沙(Bass)、山葵(Drums)の8名。2014年4月にアルバム「ボカロ三昧」でデビュー、オリコン週間ランキング初登場5位を皮切りに、発売から22週間連続でTOP100入りを果たした。

今年9月に発売したセカンドアルバム「八奏絵巻」はオリコン週間ランキング初登場1位を獲得。ヒット曲「千本桜」のミュージックビデオはYouTubeにて3000万再生を突破しております。話題沸騰中の和楽器バンドが書きおろした本作のイメージソング「Strong Fate」は、テレビスポットや特別予告編などに使用される予定。

本楽曲の作詞作曲を担当した鈴華ゆう子、そして本作プロデューサーからコメントが届いている。

鈴華ゆう子コメント
映画の音楽に携わる事をとても嬉しく思います。事前に、原作や映画を観させていただきまして、自然にその世界に深く入り込み、私たちができる世界観を表現しようとした結果、私たちのサウンドとしても新鮮なものができました。この曲が物語の一部として皆様の中に響く事を願っています。

プロデューサー・池田史嗣コメント
映画『残穢(ざんえ)―住んではいけない部屋―』は、不可思議な音のする部屋の謎を追う戦慄のミステリー。キーワードは“穢(けが)れ”です。
それは、極めて日本的な概念です。例えば神社にお参りに行けば手水を行う、ごく普通のことですが、それは無意識のうちに溜まった“穢れ”を落としている、ということ。呪いや祟りのように、誰かに向けられた特殊な怨念とは違いごく自然にそこにあるもの。気付くかどうかだけの問題で、我々の生活のそこかしこに、“それ”は存在しています。
この、日本古来の“和の恐怖”を音楽で表現するには、和楽器バンドさんが最適任だとすぐに確信を持ちました。
独特な、伝統芸能と現代ロックの融合。詩吟の師範である鈴華ゆう子さんの醸し出す、妖しいほどに美しいヴォーカル。そして、1000万を超える再生回数を持つほどネットで爆発し、いまや人気が世界に広がりつつある、その不可思議な世界観。
残穢×和楽器バンド、共通する和のエンターテインメントが連鎖し、その穢れに感染する人が続出することを楽しみにしています。

映画情報
『残穢(ざんえ)―住んではいけない部屋―』
原作:小野不由美 「残穢」(新潮文庫刊) 第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋(「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」「ゴールデンスランバー」)
脚本:鈴木謙一(「ゴールデンスランバー」「悪霊病棟」)
出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介ほか
公式サイト:http://zang-e.jp
製作:「残穢―住んではいけない部屋―」製作委員会
©2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

関連リンク

■和楽器バンド オフィシャルサイトhttp://wagakkiband.jp/
オフィシャルグローバルファンクラブ「八重流」http://global-fc.net/wgb/(PC,MOBILE共通)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。