ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国メーカーが背面にE Inkディスプレイを搭載した「Siam 7x」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー CRBT が YotaPhone のように E Ink ディスプレイを背面に搭載した Android スマートフォン「Siam 7x」を発表しました。Siam 7x はまるで YotaPhone 2 です。メイン画面は 5.0 インチ 1,280 x 720 ピクセルの LCD で、背面には 4.7 インチ 960 x 540 ピクセルの E Ink ディスプレイを搭載しています。スペックは YotaPhone 2 に及びませんが、外観や画面サイズはほぼ同じです。Siam 7x の他のスペックは、MediaTek MT6735A 1.3GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16G ROM、倍面に 1,600 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、2,100mAh バッテリーを搭載しており、LTE やデュアル SIM に対応しています。YotaPhone 2 のクローン仕様と言った製品ですが、価格は $549 と意外と高価です。現在は米国向けに販売されています。Source : CRBT

■関連記事
So-net、ZenFone 2(ZE551ML)とSIMカードのセットプラン「スマホセット4980」を発売
クリーチャーズ、音楽に合わせてアルパカやカエルなどがオリジナルダンスを披露するAndroid用ミュージックプレイヤー「aDanza」をリリース
HTCとフォルクスワーゲンがIoV(Internet of Vehicles)の分野で提携

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP