体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今すぐ付き合いをやめるべき“有害人間”10タイプ

7890333820580

心機一転の良いキッカケとなる新年には、さまざまな可能性があるもの。ただし、あなたが何を達成できるかは、“どんな人”と付き合うか次第とも言えるでしょう。

だからこそ、あなたに悪影響を与えるような人とは、これを機に付き合いをやめるべき。「Elite Daily」にはそんな彼らの特徴がまとめられています。

01.
目標への歩みを引き止める

時間の経過とともに、夢や目標は変わっていきます。それに伴い人間関係も変わっていくでしょう。

そこで出会う人の中には、自分の理想の人生のために、あなたを都合良く利用しようとする“自己中”もいるはず。あなたが目標に向かって進むことを引き止めようとするかもしれません。目標を見失うことなく、“自分の人生”を生きるのです。

02.
まとわりつき、
すべてを吸い取る“寄生虫”

私たちは、多かれ少なかれ誰もが他人を利用しています。語弊を恐れずに言えば、自分にとって何かしらの利益があるため、お互いに関わり合うのです。そうでなければ、他人と関わる理由などないですよね。それは普通のことで、何の問題もありません。

でも、他人を利用し、最後には傷つけてしまう人がいるのも事実。そんな人と一緒にいても、状況が悪くなるだけです。“寄生虫”のようにあなたにまとわりつき、何もかも吸い尽くしてしまうでしょう。

03.
敬意を欠くどころか
軽視する

10-toxic-2016151225-07

他人を尊重する人は、相手からも尊重されるはず。逆に言うと、自分を尊重してくれない人に対してはリスペクトなどできません。あなたを軽視する人と関わることは、もうやめましょう。

04.
サンドバッグのように
傷つける

確かに人間には、“バカなこと”をしてしまうときがあります。だからこそ、私たちは誰かに傷つけられたときに、相手が自分にとって本当に重要な存在なのかを考えます。というより、自分の生活に彼らが必要なのかどうかを、“考えなければなりません”。

悲しいことに、人は他人を傷つけるもの。これは仕方のないことです。でも、あなたを傷つけ続ける人が近くにいるのなら、関係を断つべきでしょう。

05.
どうしても信頼できない

誰もがウソをつきますが、ほとんどはそれほど害のないものです。ただし、あなたが信頼している人がウソをついていたとしたら、それは大きな問題。

信頼できる人とだけ、時間を共有するようにしましょう。そうでない人とはできるだけ関わりを持たないほうが賢明です。

06.
友人のフリをして悪口を言う

これは本当に最低の人間。自分の本音を伝えられない“弱虫”で、あなたの評判を落としかねません。

評判が大事だということは、皆さんご存知ですよね。こんな人と新年になっても付き合い続けるのは、ハッキリ言って愚かです。

07.
本当に必要なときに
まったく助けてくれない

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。