ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年 なぜ、北海道で3度もオーロラが観測できたのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。

日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に入りこれで3度目(3月15日、6月23日)の観測。実は、2015年は「オーロラの当たり年」なんて声もあったのです。

北海道・陸別の夜空に
オーロラが出現

Photo by :りくべつ宇宙地球科学館

12月21日、北海道足寄郡で低緯度オーロラが出現。「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」より、撮影に成功した写真がこちらです。同館のリリースによると、撮影されたのは午前4時頃、やや赤みがかって見える部分がオーロラ。水平に伸びる白いのは雲、その下とりわけ明るい部分は街明かりだそう。

オーロラと聞いてイメージするのは、アラスカ、カナダ、ノルウェー、フィンランドといった高緯度の国々で見られる、青や緑がかった光のカーテンのはず。でも、日本のような低緯度で確認されるオーロラは、赤いのが特徴なんだとか。

若干、期待はずれ?なんて思うなかれ。こうして、緯度の低い日本でオーロラが確認されること自体が珍しいのですから。ですが、実は2013年ごろから、毎年のように“オーロラの当たり年”と言われ続けてきました。いったい、なぜ?

太陽のオーロラ(フレア)が
地球のオーロラを生んでいた

ここ数年、オーロラがピークを迎えていた理由を「MentalFloss」は、以下のように結論づけています。「太陽の動きが最も活発化していた」から。

記事によると、オーロラの光は太陽と地球の複雑な相互作用によって生じるもの。太陽から放出される放射エネルギーや、プラズマの大気が微妙にからみ合い、それが地球の磁力に影響することでオーロラが発生するメカニズムです。
太陽面で大きな爆発やエネルギーの衝突が起こるとき、プラズマ溜まりができます。これが大きな磁気嵐を起こすことで、普段アラスカやフィンランドで見られるオーロラが、低緯度のカムチャッカ半島付近まで下がってくるんだそう。

ちなみに、太陽活動の周期にはいくつかパターンがあり、11年ごとに活動が極大になることがこれまでの研究で明らかに。2013年がそのピーク…だったはずなのですが、今回の周期は、活動が極端に穏やかだったと「NASA」は報告しています。

次回のピークは2024年?

11年ごとに活発化する太陽極大期を待つとなれば、次回、オーロラが日本で見られる可能性は、早くても2024年?かもしれませんね。

Reference:Mental Floss,NASA
Licensed material used with permission by りくべつ宇宙地球科学館

関連記事リンク(外部サイト)

9月27日「中秋の名月」からの「スーパームーン」は、絶対チェック!
土星にある「六角形の渦」。その謎がついに解明!
醤油をかけたら生き返った!?新鮮すぎる「活イカ踊り丼」が、海外で話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP