体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

語学留学は、本気で勉強したい!そんな人におすすめするフィリピンの超穴場留学都市「バギオ」

フィリピン留学といえば、「セブ」が有名ですよね。でも、僕がフィリピンでの留学先に選んだ場所は「バギオ」という都市でした。

セブに比べてまだまだ聞きなれない場所だと思いますが、実際に僕が留学して感じたバギオの魅力を、英語を勉強する環境という点でセブと比較しながらお伝えさせていただきます。

 

気候

23236106730_46ab83bfe3_b

photo by NO Travel NO Life

セブはイメージ通り、年間平均気温30℃で一年中が夏といった感じでとても暑くリゾートとしては最適な場所です。

バギオはそれに比べて年間平均気温が20℃〜25℃と涼しく勉強する環境として最適です。一年中クーラーなしで過ごせます。

バギオはフィリピンの軽井沢と例えられるように高原に位置するため景色も良く緑がいっぱいあります。僕は毎日学校の教室内ではなく、外の広々とした庭で個別授業を受けていました。

 

治安

9487513029_f0c9629d17_b

 photo by Raymondo166

価格面、日本からの近さなどを理由に英語の留学先としてフィリピン人気が高まっています。しかし、フィリピンというと首都マニラの危険なイメージがまだあるみたいです。

また、セブでもスリやひったくり等の被害にあった話、ストリートチルドレンが多い現状などがあります。

 

それに比べ、バギオはフィリピンで最も安全と言われるほど、タクシーに乗った際もメーターを使わずぼったくりにあったという話も聞いたことがありません。

 

誘惑

14570397486_8c9e7be444_b

photo by Sam Howzit

セブには海があり、たくさんのショッピングモールや繁華街があるため夜や週末も遊ぶところには困りません。

逆に言えばたくさんの甘い誘惑が、勉強するためにフィリピンに来たあなたを襲ってきます!

 

バギオには海はなく、遊ぶところも少なく限られています。ネットの情報によればショッピングモールの数が「セブ50:バギオ3 」と勉強に集中したい人には甘い誘惑が少なく、週末も自主学習を継続しやすい環境です。

韓国では誘惑が少ないという理由で子供をセブではなく、バギオに留学させる親子さんも多いみたいです。

 

物価

8463683689_baa33ca431_b

photo by epSos.de

セブには、フィリピンの語学学校の7割があると言われています。

その分、留学に来ている日本人はもちろん、その他にも旅行、ビジネスなどリゾートのゼブにはたくさんの日本人がいます。

これは日本人に限った話ではなく、世界中からたくさんの人がセブには集まります。

 

そのため、ちょっと高めのレストランやショッピングモールのフードコートなど観光客向けのお店が充実しています。

それに比べて、バギオは地元の方もよく利用する食堂のようなところがたくさんあります。僕が週末よく利用していたお店は1食200円以下(75ペソ)で味も美味しかったです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。