体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」レビュー

高級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」レビューファーウェイ・ジャパンが12月4日に発売したスマートフォン「HUAWEI Mate S」(以下、Mate S)。スリムで上質なメタルボディと5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLEDディスプレイを搭載するフラグシップスマートフォン。価格は79,800円と、SIMフリースマホとしては高価な部類に入ります。
SIMフリースマホは、通信キャリア製のスマホよりも1/3程度の価格で購入できることから「格安スマホ」と呼ばれています。実際2~3万円程度で購入できるスマホが多く、それらと比較するとMate Sは倍以上。では、具体的にどのような特徴があるのか見ていきたいと思います。

 

パッケージから「おもてなし」を感じる!
Mate Sのパッケージは限定モデルの時計でも買ったような高級感ただようしっかりとしたもので、“開ける楽しみ”と“とっておきたい”気持ちを両方味わわせてくれます。

高級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」レビュー

付属のリモコン付きイヤーヘッドホンはプラスチックのケースに収まり、フリップカバー式の手帳型ケースが付属します。端末はとてもスリムで手になじむ形状をしていますが、傷がついたり、汚れると気になったりする人にとって専用ケースは必須。別途購入することを考えるとお得といえます。

手にフィットする極薄メタルボディー
Mate Sは、最厚部約7.2mmというスリムボディ。

高級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」レビュー

カメラ部分のカバーガラスがボディよりもやや外側に飛び出していますが、この薄さの中に光学手ブレ補正を搭載しています。

 

高級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」レビュー

バッテリー容量は2,700mAh。背面のアーク形状に収まる「凸」型をした特殊形状のバッテリーで、これにより薄いボディでも十分な容量を確保しています。

高級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」レビュー

Mate SのディスプレイのAMOLED(有機EL)は薄いフィルムの形状をしており、フルカラーによる表示だけでなく薄型化にも貢献しています。AMOLEDディスプレイは一般的な液晶パネルよりも黒色をしっかりと表示できます。黒がより表現することにより全体にメリハリがつき、これまで以上に美麗な映像表現・画像描画を実現しています。

タッチパネルのガラス部分には、エッジ部分を立体的に丸く2.5D加工を施した「ゴリラガラス4」を採用することで、いままで以上にキズに対して耐性があります。Mate Sを握ったときにちょうど2.5Dガラスの丸い部分に指の側面があたります。角張っていないため、自然な持ち心地で長時間利用の妨げになりません。

高級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」レビュー

付属のフリップカバーを付けても分厚くならず、ここにも薄さのメリットがありました。レザー風のフリップカバーは手触りも良く、メーカー純正品ということもありフィット感は抜群。もちろんフリップカバーの開閉にあわせてスリープのオン・オフが連動します。

 

新感覚の2つのタッチ操作を搭載
Mate Sには指の第2関節によるタッチ操作「ナックルセンス」で特別な操作ができます。最も手軽なのが、ナックルセンスで画面を2回タップするとスクリーンショットを手軽に撮影できるというもの。

高級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」レビュー

さらにナックルセンスで画面に触れてから円を描くように操作すると画面のその範囲だけを切り出して保存できます。

1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy