ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

職場の宴会、あまった会費の使い道は? 「忘年会詐欺」を追及した人のツイートが話題に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
職場の宴会、あまった会費の使い道は? 「忘年会詐欺」を追及した人のツイートが話題に

会費を払って忘年会や新年会に出席した後、「ずいぶん割高だったなあ」と不満に感じることはないだろうか。もしその原因が、幹事による会費のピンハネだったとしたら、納得できない気持ちになるのが当然だろう。

特に得意先との会合は特段の理由がなければ断れず、それにつけこんだとすれば今後の取引にも影響が出かねない。年の瀬のツイッターには、そんな「忘年会詐欺」を追及した人の投稿が話題となっている。
1人3000円を浮かせて「幹事の2次会代に流用していた」

ある男性がツイッターに投稿したのは、得意先から送られてきた「忘年会のご案内」。会場は普通の居酒屋だが、会費が7000円もするという。投稿者は疑問を抱き、得意先を装って「今日のコースいくらでとってましたかね?」と確認の電話を入れた。すると店からは、

「お一人様4000円のコースです」

との回答が。この金額は、主催者側の人数分を他の参加者で負担したとしても、まだ3万2000円もあまる計算となるという。

これには別のユーザーは、コース料金には飲み物代が含まれていないのではと指摘。しかし投稿者は「飲み放題だけで3000円しますかね??」と疑問を呈している。これを受けて、ネットでは上乗せ分の使い道を想像する人たちが相次いだ。

ある人は「多分保険」と予想。酔った勢いでコース外の料理や高い料理を注文する人がいるので、それに備えたのではないかという。当日になってドタキャンする人もいるかもしれない。ビンゴなど「何か景品付きのイベントがあるのでは?」と推測する人もいた。

結局、忘年会から帰ってきた投稿者は、飲み放題分も4000円に含まれていたと報告。上乗せ分は得意先が「幹事たちの2次会費用」として使ったようだと明かしたうえ、得意先の上役にクレームを入れたので「改善されることを祈ります」としている。
幹事の苦労を踏まえて「手数料にしてもいい」という意見も

投稿者の最初のツイートは、リツイートといいね!が8000件近くにのぼった。中には同じような手口の被害に遭った人たちの経験談も見られる。

「そういえば、会社勤めの頃に、進んで幹事やって、領収証で会社から金を引き出し、二重に肥え太ってる奴がいましたよ」
「勤め人時代にあったなあ。どう考えても高いから、後日、身分証明書を見せて忘年会の会計を確認したら、幹事がボロ儲けをしていた」

今回のケースは、最初から2次会費用の捻出を目的とした上乗せだったようだ。しかし宴会の会費が余ってしまうケースは少なくない。ネットでは以前から、その場合の対応方法について議論が行われている。

読売新聞が運営する「大手小町」には「余った会費をもらう幹事って多いですか?」というトピックが立っている。レスには「次の飲み会のために部でプールしている」というものもあったが、流用は「ありえない」「絶対にダメ」「横領です」というコメントが圧倒的多数だった。

「もらうどころか社内なら会計報告くらいするもんですよ(呆)」

その一方で、あるブログは「幹事は当日あまり楽しめないし気を使ってばかり」なので、余ったお金を「自分の幹事手数料」に回してもいいと勧めている。確かに事前準備を含めて幹事の苦労は大きく、「このくらいいいのでは?」と思いがちなのかもしれない。

あわせてよみたい:忘年会に「白いハンカチ」は必需品なのか?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。