体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョニー・デップ、“ハリウッドで最も報酬が高すぎた俳優”に選ばれる

エンタメ 映画
johnny-depp-most-overpaid-actor

ジョニー・デップは新手のアダム・サンドラーだ……少なくとも投資効果について言うとそうなる。

フォーブス誌が選ぶ”ハリウッドで最も報酬が高すぎた俳優”の2015年版に、ジョニー・デップが選ばれた。このリストは過去2年間、サンドラーが1位に君臨していたものだ(今年はNetflixとの契約のために入らなかった)。デップが最近出演した映画『チャーリー・モルデガイ 華麗なる名画の秘密』と映画『トランセンデンス』は、彼に支払った報酬1ドルに対して1.2ドルの収益しか生み出せなかった。デップは2014年の調査では2位にランクされている。

グウィネス・パルトローと共演した『チャーリー・モルデガイ 華麗なる名画の秘密』は、6000万ドルの予算に対して4730万ドルしか稼げなかった(そのうち国内の興行収入はたった770万ドルである)。さらに映画『トランセンデンス』の全世界での興行収入は1億300万ドルであり、制作費を回収できていない。そのお陰で、米ディズニーが予定している2つの続編映画『Alice Through the Looking Glass(原題)』と映画『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(原題)』において、彼はその出演リストに長くとどまることはできないかもしれない。

フォーブス誌は、それぞれの俳優が2015年6月以前に出演した過去3作品について分析した。アニメーション作品と限定公開作品は調査対象外だ。

デンゼル・ワシントンは最近の作品で支払われた報酬1ドルに対して6.5ドルの収益を生み出した。彼は今年、特に大失敗となった作品はないが、映画『イコライザー』では5500万ドルの予算に対して1億9230万ドルの収益を生み出し、彼の報酬は明らかにつり上がった。

2009年と2010年度に1位だったウィル・フェレルは、映画『Get Hard(原題)』によって今年は3位となった。マーク・ウォールバーグと共演した彼の最新のコメディ映画『Daddy’s Home(原題)』は、今週末、劇場で大ヒットしている。フェレルは自身に支払われた報酬1ドルに対して6.8ドルの収益を上げ、リーアム・ニーソンの7.2ドルを僅差で上回った。

ウィル・スミス、クリスチャン・ベイル、チャニング・テイタム、ブラッド・ピット、ベン・アフレック、トム・クルーズらがトップ10に名を連ねている。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会