ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

築地市場 500種類以上の干物揃う店や唯一の茹で蛸専門店も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 築地市場は午前4時ごろから業務用仕入の販売・梱包・搬出で慌ただしいが、午前9時を過ぎると一般買い物客も見学ができる。水産仲卸業者売場のなかから2つの特徴的な店舗を紹介する。

●内長(うちちょう/合物)
 合物(干物)を500種類以上も扱う。「鯵だけでも20種類。食堂から百貨店までお客様の幅が広いので、産地やサイズを豊富に揃えています。心意気としては質のいいものを売りたいね」と峯崎親慶社長。

●大政本店(だいまさ/茹で蛸)
 市場唯一の茹で蛸専門仲卸。「大正11年の創業以来、職人が檜作りの樽で塩もみし、釜で茹でる伝統の加工方法を守っています」と小槻義夫社長。厳選した兵庫・明石、岡山・下津井、モーリタニアの真蛸を使用している。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
80年の歴史終える築地市場 江戸時代から続く魚河岸プライド
関西唯一のパクチー専門店のマンゴーと合わせたシャーベット
赤字零細経営多い築地仲卸 豊洲移転で半分近くが廃業見込み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP