ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

篠原涼子 『オトナ女子』 打ち上げで「恋しさと~」を熱唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月中旬の夜、東京都内の看板もない知る人ぞ知る隠れ家レストランで、ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)の打ち上げが行われた。その店は、都内の目抜き通りから1本路地裏の、とある中層マンションの地下にある。

「参加したのは全部で100人ほど。立食形式で、みなさんワインやカクテルを楽しんでいました。打ち上げの開始時刻は午後6時でしたが、主演の篠原涼子さん(42才)や江口洋介さん(47才)、鈴木砂羽さん(43才)が別の仕事で遅れたため、実際に始まったのは7時頃でした」(参加者)

 吉瀬美智子(40才)や谷原章介(43才)、吉沢亮(21才)、千葉雄大(26才)など出演者たちも勢揃い。会場のモニターにNG集が映し出されると爆笑の渦に包まれたという。

 途中、店内のカラオケを使ってドラマの主題歌を担当した中島美嘉(32才)が歌声を披露するなど会は大盛り上がり。しかし、最高潮を迎えたのはその直後だった。

「歌い終わった中島さんが続けて入力したカラオケナンバーが、『恋しさと せつなさと 心強さと』だったんです」(前出・参加者)

 同曲は1994年に発売された篠原の代表曲で、累計200万枚以上を売り上げたメガヒット。会場内にイントロが流れると、参加者からひときわ大きな歓声があがった。

「最初は“も~やだ~っ”って感じでしたが、篠原さんは中島さんにうながされてステージに。一度歌い始めるとノリノリでした(笑い)。篠原さんの熱唱はなかなか見られませんから、みんな大感激でした」(前出・参加者)

 熱気は冷めやらず、打ち上げがお開きになったのは深夜0時を回ってから。それでも話は尽きないのか、篠原と江口、鈴木、吉瀬らは個室に移動して、ワイングラス片手に“延長戦”に突入した。

「このメンバーに不安を覚えるスタッフもいました。鈴木さんは、撮影現場での篠原さんや吉瀬さんとの“衣装格差”に不満を爆発させたこともありましたからね。でもこの夜は、江口さんたちも加えて演技論に花を咲かせたらしいです。アラフォー世代を代表する女優ですから、考え方の違いはあっても、いいものを作りたいという思いは同じなんでしょう」(前出・参加者)

“オトナ”たちの打ち上げは深夜2時まで続いた。

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介が集結
『軍師官兵衛』打ち上げ 縁起物と岡田のスキンヘッドにキス
鈴木砂羽 役中の篠原涼子・吉瀬美智子との衣装格差に不満げ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。