ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

口角UP、左右バランス調整に効果的な顔ヨガ 撮影前にお薦め

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日めくりカレンダー『日めくり まいにち、顔ヨガ!』がベストセラーになっているカリスマ顔ヨガ講師・間々田佳子さんが、老け顔、デカ顔など、女性のお顔のお悩みを顔ヨガで一発解決。36才主婦からのお悩みです。

【お悩み】
「写真に撮られるのが苦手です。できた写真を見ると、いつも右側の口角が下がっているので口が曲がって見えます。写真を撮る前に口元を左右対称に整える方法はありますか?」(36才・主婦)

【間々田さんの回答】
 実は、私ももともと右の口角が上がりませんでした。自分の特徴だと諦めていたのですが、38才で顔ヨガに出合って一変。鏡を見ながら右の口角を人差し指で 丁寧にサポートして上げる練習を続けていると、1週間もしないうちに眠っていた口角挙筋(口角を上げる筋肉)に力が入った感覚が! その瞬間から両方の口角がスムーズに上がるようになりました。体と違って顔の筋肉は小さいので、どんなかたでも2 週間続ければ上がるようになるはずです。

 おすすめの顔ヨガは口角の左右バランスを整える「顔面ブランコ」。ふだん使っていない筋肉を刺激するのが目的なので、下がっている口角を多めに動かして鍛える。写真撮影の前には、併せて「おいしい顔」も。こちらは素敵な笑顔を作るポーズです。写真を撮られるのが苦手というかたは、“鏡を見たらスマイル!”を習慣にして自分の笑顔に自信をつけましょう。

【顔面ブランコのやり方】
1:右手の人差し指で、右眉を動かないように固定する。
2:顔は正面のまま、左の眉と口角をゆっくり左上に上げる。反対も同様に行う。5秒×2セット

【おいしい顔のやり方】
 上の歯だけをしっかり見せてにっこり笑う。目線は上。舌を出し、右上に舌先を尖らせる。舌が上唇に触れないように右から左にゆっくり移動。小鼻をなめるイメージで。元に戻す。これを3回。

撮影■浦川一憲

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
あごのたるみ肉を除去する顔ヨガ 二重あごの改善にも有効
目尻のシワ解消する顔ヨガ カリスマ講師は大人ニキビも改善
緊張や顔のこわばりで人前で話すのが苦手な人に最適な顔ヨガ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。