ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽生結弦に会えるか? 神戸と京都と仙台に存在する縁の神社

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 羽生結弦(21才)は年末年始も忙しい。12月25・26日の全日本フィギュアスケート選手権で2015年の競技を締めくくり、2016年は1月9日に岩手・盛岡で行われる『東日本大震災5年NHK杯フィギュアスペシャルエキシビション』が滑り初めになる予定だ。そして四大陸選手権、世界フィギュア選手権で今シーズンを終える。

「過酷なプレッシャーの中で闘う羽生くんは、心酔する整体師特製のパワーストーンのペンダントを必ず身につけるなど、信心深い一面があります。ゆかりのある神社へのお参りも頻繁です。初詣でも必ず行っているそうですよ」(フィギュア関係者)

 そんな羽生が訪れ、ファンから「二大羽生神社」と呼ばれている場所がある。

《ケガなく常に成長する気持ちを忘れず、自分らしく演技ができますように。》

 兵庫県神戸市東灘区にある「弓弦羽神社」には、今シーズン直前、そう羽生が書いた絵馬がある。名前のうち、弦と羽の2文字が入っているこの神社の存在をファンから贈られたお守りで知った羽生は、東日本大震災後の2011年7月31日、母親とともに初めて参拝した。当時、16才の高校2年生。そのときは絵馬に《世界のトップになれますように…そして、東北の光となれるように!》と書いて奉納した。

 もう1つが、京都市にある晴明神社。羽生が今シーズンのフリープログラムで使った楽曲は、平安時代の陰陽師・安倍晴明を描いた映画『陰陽師』のテーマ曲を編曲したもので、羽生自らが『SEIMEI』と名づけた。安倍晴明を祀る晴明神社は新シーズンが始まって以来、羽生ファンの参拝が急増。羽生自身も2015年7月2日に参拝して、シーズン必勝を誓った神社である。

「それでも、地元・仙台が好きな羽生くんは正月は実家で過ごすようです。実際に初詣に行くのは地元の神社のようですよ」(前出・フィギュア関係者)

 高校時代、羽生が足繁く通ったのが慈眼寺だ。羽生が生まれ育った家からもほど近い。 塩沼亮潤住職も羽生と同じ東北高校の出身。住職は9日間にわたる断食・断水・不眠・不臥の難行「四無行」を達成した経験もあり、ストイックにスケートに取り組む羽生と意気投合。

 住職いわく「いいお友達」で、2014年3月には住職が羽生に「強く、優しく、しなやかに、神秘的に」という色紙を贈ったという。

 そして、その近所にある賀茂神社。

「1月中旬に行われる『どんと祭り』が有名で、羽生くんも中・高生の頃に遊びに行っていました」(地元の同級生)

 もしかしてばったりユヅに会えたりして。

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ
羽生結弦の中国でのあだ名は「二郎」 ラーメンとは関係ない
羽生結弦が2人の女子選手と恋仲の噂 お揃いクッション愛用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP