ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋活に効果アリ? 縁結び植物3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昔から縁起がいいと言われている「松竹梅」。一般的に“おめでたい”というイメージがあるが、実は恋愛にも効果があるらしい。そこで、調査のプロであるリサーチャーさんに、「松竹梅」にまつわる縁結びスポットを調査してもらった。

【松】長浜八幡宮(ながはまはちまんぐう)の「縁の松(えにしのまつ)」

滋賀県長浜市にある「長浜八幡宮」は、しばしば兵火に見舞われ衰退したが、安土桃山時代に豊臣秀吉によって復興されたと伝えられている。

長浜八幡宮の境内には「縁の松」と呼ばれる2本の松があり、自然の恵みと神霊の思頼(みたまのふゆ)により、黒松と赤松がお互いを支えあうように成長したと伝えられている。

この松の間をくぐって祈願をすると良縁に恵まれ、特に夫婦円満のご利益があると言われている。

【竹】無量寿寺(むりょうじゅじ)の「縁結びの竹」

愛知県知立市にある「無量寿寺」は奈良時代に創立されたと伝えられている。平安時代の歌人・在原業平(ありわらのなりひら)も立ち寄った「かきつばた」の名勝地でもあり、業平ゆかりの名所も数多く存在する。

そのひとつ「業平竹(なりひらだけ)」は竹(男竹)であるが、笹(女竹)のように一節から多くの枝を出すため、「男女(めおと)竹」とも言われており、「縁結びの竹」として古くから信仰されている。

また、本堂の前には「縁結びのすすき」と呼ばれるすすきもあり、葉を片手で結ぶことができると願い事が叶うと伝えられている。

【梅】平河天満宮(ひらかわてんまんぐう)の「縁結びの梅」

東京都千代田区平河町にある「平河天満宮」は、学問の神として有名な菅原道真(すがわらのみちざね)を祭る神社である。

道真は生前から梅を愛でていたため、「平河天満宮」は梅をシンボルにし、境内には多くの梅の木が植えられている。

その中の一つ、本殿の左側にある小さな梅の木は、梅の実が2個寄り添って付く姿が恋人同士のように見えることから「縁結びの梅」と呼ばれており、恋みくじをひいて梅の木の近くに結ぶと、良縁に恵まれると言われている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP